オラクル クラウドサービス
30日間無料トライアルお申し込み手順

トライアル開始までの手順

Oracleプロファイルのサインイン/登録
既に登録済みの方は不要です。登録したメールアドレスとパスワードをご用意ください。

トライアル・サブスクリプションのサインアップ

トライアル開始

トライアルお申し込みから開始までの手順を解説

1-1.「サインイン」または「プロファイルの作成」

画像:1-1.「サインイン」または「プロファイルの作成」
  • 【解説】
    ‐既に登録済みの方
    ・「ユーザー名」と「パスワード」を入力してサインインしてください

    ‐初めて登録する方
    ・「プロファイルの作成」ボタンからOracleプロファイルの登録をお願いします

    ※フリーメールアドレスの場合、トライアル環境がご利用できない場合があります。登録済みアカウントのメールアドレスがGmailやHotmail等のフリーメールの場合、お手数ですが「プロファイルの作成」ボタンからフリーメール以外で再登録をお願いします。
1-2.Oracleプロファイルの作成 ※既に登録済みの方はスキップ

画像:1-2.Oracleプロファイルの作成
  • 【解説】
    ‐Oracleプロファイルの作成画面で必要事項を入力します
    ・フリーメールアドレスの場合、トライアル環境がご利用できない場合がありますので、「電子メール・アドレス」欄にフリーメールのアドレスは指定しないでください

    ‐「プロファイルの作成」をクリックします。
1-3.Oracleプロファイル登録完了の確認 ※既に登録済みの方はスキップ

画像:1-3.Oracleプロファイル登録完了の確認
  • 【解説】
    ‐作成すると、登録したメール・アドレスに確認メールが送信されます

    ‐メール本文内から「電子メールアドレスの確認」をクリックし、メールアドレス確認後、プロファイルの登録は完了です
2-1.言語設定

画像:2-1.言語設定
  • 【解説】
    ※Oracleプロファイルのサインインまたは作成後、トライアル・サブスクリプションのサインアップ画面に自動遷移します

    ‐初期状態は英語で表示されますので日本語表示に変更します

    ‐右上にある[Preferences]より、言語設定に日本語、TimezoneにJapanを選択し、[OK]をクリックします

    ※以降の画像は、”Oracle Business Intelligence Cloud Service”のサブスクリプション例になります。実際は、お選びいただいたトライアルサービス名が表示されます。
2-2.検証コード発行

画像:2-2.検証コード発行
  • 【解説】
    ‐「連絡先詳細」に必要事項を入力します
    ‐「検証コード」に必要事項を入力します
    ・「モバイル番号」欄に携帯電話番号を入力して[リクエスト・コード]をクリックします
2-3.ユーザ検証

画像:2-3.ユーザ検証
  • 【解説】
    ‐モバイル番号欄に入力した携帯電話番号に、テキストメッセージで下のようなメッセージが受信されます
    ‐メッセージ中のコード(赤枠部分)を検証コードに入力します
2-4.アイデンティティ・ドメインを入力しサインアップ

画像:2-4.アイデンティティ・ドメインを入力しサインアップ
  • 【解説】
    ‐任意のアイデンティティ・ドメインを入力してください (図の赤枠部分)
    注.ハンズオンセミナーに参加される方は、「handson-○○○(任意のキーワード)」の記載をお願いします
    ‐利用条件を確認の上、利用条件への同意にチェックを入れ、[サインアップ]をクリックします
2-5.トライアル・サブスクリプション完了

画像:2-5.トライアル・サブスクリプション完了
  • 【解説】
    ‐トライアンの申し込みが行われ、サマリーの確認画面が表示されます
    ‐サービスの準備ができると、登録したメールアドレス宛てにアクセス情報等が送信されます

    図のようなメールが届けば、全てのサインアップ作業は終了です。
    タイトルは [Oracle Cloudへようこそ。トライアルの準備ができました。]です。
3-1.トライアルのアクティベーション

画像:3-1.トライアルのアクティベーション
  • 【解説】
    ‐登録したメールアドレス宛てにアクティベーションに関するメールが届きます(メールの受信まで数日かかる場合がございます)
    ‐メール本文の[トライアルのアクティブ化]をクリックするとブラウザが起動し、マイ・アカウント画面が表示されます
    ‐「ステータス」の項目が “アクティブ化進行中”になっていることを確認してください
3-2.マイ・サービス管理画面にアクセス

画像:3-2.マイ・サービス管理画面にアクセス
  • 【解説】
    ‐受信したメールに記載されているマイサービス(URL)のURLをクリックします
    ‐メール記載のアイデンティティ・ドメインを入力し、[実行]をクリックします
    ‐メール記載のユーザー名と一時パスワードを入力し、[サインイン]をクリックします
    ※初回アクセス時はパスワードの変更が求められます
3-3.マイ・サービスにアクセス

画像:3-3.マイ・サービスにアクセス
  • 【解説】
    ‐マイ・サービス画面より各サービスの使用状況データとステータスなど、このトライアル環境をモニターします

    ‐使用したい各サービスのロゴをクリックし、該当サービスにアクセスできます
    ※[サービスコンソールを開く]をクリックしてもアクセスできます

ご不明な点がございましたらOracle Digitalにお気軽にご相談ください

Oracle Digitalは、製品のご購入・ご導入に関する無料のご相談窓口です。
トライアルに関するご質問にもスピーディにお応えします。

 
 

Integrated Cloud Applications & Platform Services