オラクルとHyperion

2007年、オラクルは業績管理ソフトウェアのトッププロバイダーであるHyperionを買収しました。この買収によりオラクル製品のビジネス・インテリジェンス(BI)機能が拡張され、統合業績管理のもっとも包括的なシステムが実現します。

過去数年間にわたり、オラクルはBI製品戦略の方向性を大幅に見直し、オラクル環境専用のソリューションを提供するラインアップから、オラクルかオラクル以外かを問わず、企業における異種情報ソースと連携するベスト・オブ・ブリードのBIおよび業績管理の製品群を提供する方針に軸足を移しました。

Hyperionの買収は、オラクルのBI製品戦略をさらに拡大するものです。業績管理とBIを併用する企業は増えてきています。Hyperionは、先進的なエンタープライズ・プランニング・システム、トップクラスの決算処理および報告製品、強力なマルチソースOLAPサーバーなどの補完的な製品を、オラクルのBI製品ラインアップに追加します。オラクルのBIツールやパッケージ化された分析アプリケーションとの組合せは、BIと業績管理を再定義し、プランニングから決算処理、業務分析アプリケーション、BIツール、レポート機能、データ統合などが一体化されたBIプラットフォームのすべてを網羅するエンド・ツー・エンドの統合業績管理システムを提供します。

買収後、オラクルはOracle Business Intelligence Enterprise Edition Plusという新たな製品群を発表しました。この統合スイートには、オラクルとHyperionのレポート作成ツールと分析ツールがすべて含まれています。2007年以降は、Oracle Enterprise Performance Management Systemの新バージョンをリリースしており、この新バージョンでは、ビジネスにおける洞察力と意思決定力を強化する技術革新や機能が数多く導入されています。最新リリースの詳細については、こちらを参照してください。2010年には、市場でもっとも完全なBIツールの統合スイートとしてOracle Business Intelligence 11gをリリースしました。このリリースの詳細については、こちらを参照してください。

HYPERION製品 パートナー向け情報 サービス/販売
お客様向け情報 ORACLEユーザー・グループ CRYSTAL BALL

HYPERION製品

お客様向け情報

パートナー向け情報

ORACLEユーザー・グループ

オラクルのお客様は、450にのぼる世界各国のユーザー・グループに参加して、積極的に活動し、情報を集め、大きな満足を得ています。ネットワークの拡大、経験やベストプラクティスの共有、オラクルやユーザー・コミュニティからの最新情報の収集、製品やサービスについての情報提供ができるチャンスを逃さないでください。今すぐユーザー・グループにご参加ください。参加方法の詳細は、こちらをご覧ください。

オンラインのユーザー・グループ・センターをこまめにチェックして、最新のユーザー・グループ情報を入手してください。 oracleusergroup_ww@oracle.comに直接お問い合わせいただくこともできます。

サービス/販売

Hyperionのお客様とパートナー:プロフェッショナル・サービスと販売については、現在のお問い合わせ窓口をご利用ください。

CRYSTAL BALL

Crystal Ballのお客様とパートナー:プロフェッショナル・サポート、サービス、販売へは現在のお問い合わせ窓口をご利用ください。

Crystal Ballの詳細は、http://www.oracle.com/crystalball/にアクセスしてください。