Oracle License Management Services

LICENSE MANAGEMENT SERVICES の概要

LICENSE MANAGEMENT SERVICESが選ばれる理由

オラクルのGlobal License Management Servicesは、専門のサービスを通じて、Oracleシステムの適切な使用と配布に関する管理、ガバナンス、理解を促進するための組織です。

最新の知識やベスト・プラクティス、ツールを提供することで、Oracleライセンスへの投資を管理し、最大化することを目的としています。

サービスの内容は、オラクルのITソリューションやライセンス・ポリシーに関する専門知識、実証済みの手法を状況に応じて組み合わせることで決まります。各サービスは、お客様それぞれのOracleソリューション管理のご要望に対応し、長期的な価値を生み出すように設計されています。

次のような目的で、世界中の組織がOracle License Management Servicesを使用しています。

  • Oracle資産の所有権と制限事項に関する理解
  • オラクルのソリューション管理およびベスト・プラクティスに関する教育
  • Oracle資産の利用状況の監視と最適化
  • プロジェクトに対するより的確な計画と予算計上
  • 法的基準への対応における潜在的なニーズの特定
  • 長期にわたるライセンス・コストの削減

オラクルのライセンス管理に関するカタログ (PDF) で詳細を読む

サービスの詳細

ORACLE LICENSE MANAGEMENT SERVICESの リソース

ORACLE LICENSE MANAGEMENT SERVICESのお問い合わせ窓口

ツールの ベンダー

次に示すベンダーのツールでは、License Management Services(LMS)のレビュー・プロセスの補完に必要なデータセットが提供されることが確認されています。検証プロセスの範囲に含まれるのは、Oracleの使用に関連するデータの収集のみで、ベンダーのソリューション全体の機能は対象になりません。これらのツールは、LMSツールのインストールの代わりとして受け入れられますが、Oracleライセンスのレビューや監査に代わるものではないことに注意してください。これらのツールで収集された使用状況に関するデータは、ライセンスのニーズを評価するために、LMSの組織による分析が必要です。.