Oracle Label Security

マルチレベルのデータアクセス制御



データの分類が簡単で、その分類に基づいてデータへのアクセスを制御できます。マルチレベル・セキュリティと強制アクセス制御に関する公共部門の要件に対応するよう設計されたOracle Label Securityは、柔軟なフレームワークを提供します。世界中の政府組織や企業はこのフレームワークを使用して、”need to know(情報は知る必要のある人のみ伝え、知る必要のない人には伝えない)“という原則にしたがってデータへのアクセスを制御できます。

  • Label Securityポリシーの作成画面

  • ポリシー認可の表示画面

  • ポリシー施行オプション

  • Oracle Enterprise Manager内でのデータベース・セキュリティ概要

Overview
  • クラウド環境、SaaS環境、ホスティング環境向けの仮想情報パーティショニング
  • 必要性を基準にデータへのアクセスを管理できる柔軟なフレームワークを提供
  • アクセスを適切な権限保有者に限定
  • データプライバシーの保護と規制遵守の徹底を支援

Benefits

利点

  • 機密データへのアクセスを、適切な権限レベルのユーザーに限定
  • ポリシーベースの管理モデルで規制遵守を徹底
  • 必要性に基づくアクセスをアプリケーションに実装するためのカスタムデータ分類方式を確立
  • ラベルを、マルチファクタ認可ポリシー用のOracle Database Vaultコマンドルール内のファクタとして使用
  • Oracle Identity Managementと統合することでポリシー定義を一元管理
Customers Discuss Oracle Database Security
Oracle Database Securityに対するお客様の声

データ暗号化、権限によるユーザー・アクセス制御、データ・マスキング、統合型の監査・レポートなど、さまざま機能を備えた厳重なデータベース・セキュリティに対するお客様の声をお聞きください。

 

関連製品


始めよう

 
 

Integrated Cloud Applications & Platform Services