Oracle Direct 無償支援サービス

Oracle Database バージョンアップ支援サービス

  • サーバー機のリプレースにしたがって、Oracle Databaseもバージョンアップしたい。
  • 具体的な移行手順がわからず、既存のアプリケーションも動作するのか不安。
  • 新バージョンの機能を利用したいが、移行手順がわからない。

このような悩みをお抱えの方に、Oracle Directが無償でOracle Databaseのバージョンアップを支援します。

お客様がご利用中のOracle Databaseサーバの稼働環境に基づいた、具体的な移行手順や注意点をご紹介させていただくことで、Oracle Databaseのバージョンアップの具体的なイメージをつかんでいただくことができます。

本サービスはOracle Database製品をご購入済みのお客様、またはお客様より支援を依頼されているパートナー様を対象とさせていただいております。場合によってはお客様の懸念点を直接お話いただき、対応案をご提案させていただくこともおこなっております。

Oracle Databaseのバージョンアップについて、お悩みの点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

Oracle Applications製品のアップグレードについてもご相談いただけます。詳細は担当までお尋ねください。

サービス概要

本サービスは、旧Oracle DatabaseからOracle Database 11g R2、12c R1への移行を検討中のお客様を対象にしたサービスです。現在の環境、移行先に関する情報をお聞きし、Oracle Directが移行方法についてアドバイスします。データベースだけでなく既存アプリケーションの移行に関するアドバイスもいたしますので、システム全体をスムーズに最新の環境に移行して頂けます。

 

移行対象データベース

移行元データベース Oracle R7.x.x(7), R8.0.x(8), R8.1.x(8i), R9.0.1.x (9iR1), 9.2.0.x(9iR2), R10.1.0.x(10gR1), 10.2.0.x(10gR2) ,11.1.0.x(11gR1),11.2.0.x(11gR2)
※ 12cより前の全バージョン
移行先データベース Oracle Database 11g R2、12c R1

移行対象O/S

HP-UX, Solaris, AIX, Windows, Linux (その他のO/S環境についてもご相談ください )

サービスお申し込みの手順

1.お電話、または下の「お問合せフォーム」からご依頼ください。
例:「Oracle Database バージョンアップ支援サービスを受けたい」
「Oracle Database バージョンアップ支援サービスの詳細について聞きたい」

2.折り返し、弊社担当者からメール、もしくはお電話にてご連絡させていただきます。
ご質問、不明点などがありましたら、お伝えください。

3.こちらからヒアリング・シート(PDF)をダウンロードいただき、必要事項をご記入ください。
ご記入いただいたヒアリング・シートを担当者あてにご送付ください。

ヒアリング・シートご送付方法

4.後日、担当者より本サービスのレポートを送付させていただきます。※1

※1結果レポートの作成には、通常5営業日ほどお時間をいただいております。
早急に結果が必要な場合には、ご依頼時にお申し付けください。

お問い合わせ

本サービスについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
なお、お問合せいただく際には「バージョンアップ支援サービスについて」とお伝えいただくとスムーズです。お問い合わせの際に、各種環境情報を併せてご連絡いただけますと、より速やかにガイダンスが可能になります。

Webによるお問い合わせ

お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。
「お問い合わせ内容」に、バージョンアップ支援サービスのお問い合わせである旨お書き下さい。
詳細確認のため、お電話させて頂く場合がございます。

電話によるお問い合わせ