「Oracle VM 3.0 for x86 Certified Implementation Specialist」 一番乗り発表!

Oracle VM 3.0 for x86 Certified Implementation Specialist」に一番乗りで合格された方のご紹介です。



一番乗りの皆様のご紹介

氏名 所属  
小林 均 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
菱川 峻介 株式会社日立ソリューションズ コメント
渡辺 剛 株式会社イデアソリューション コメント

以上の各位が、「Oracle VM 3.0 for x86 Certified Implementation Specialist」の一番乗りである資格認定日の早い3名の方々です。本情報は、合格者ご本人、及び所属企業様の掲載へのご同意をいただき、掲載させていただいております。本リストは五十音順に掲載させていただいており、掲載順序は試験の結果その他とは一切関係がありません。

ページ先頭へ

合格者の声 - 菱川 峻介 氏 (株式会社日立ソリューションズ)

資格取得を目指したきっかけ、思いをお聞かせください

資格取得を通して、知識の整理と苦手分野の把握をしたいと思ったのがきっかけです。

資格の試験を受けた感想(内容、難易度、その他)をお教えください

試験を受けた結果、自分の理解が不足している分野を把握することができました。
試験の内容は、Oracle VM2.0に比べると基本的な内容を問う問題が多かったように思います。

受験前の勉強方法についてお聞かせください

マニュアルを一通り読んだ後、不明な箇所を実機で確認しました。

資格取得のメリットを、どのようにお考えでしょうか?

Oracle VMの導入を検討されているお客様に対して、専門性を資格という目に見える形で示せることは大きなメリットだと思います。

今後のキャリアプランをお教えください

仮想化製品だけでなくインフラ全体を提案できる技術者になりたいと思います。

資格試験を受験される方に、メッセージをお願いします。

資格取得の勉強を通じて、製品に対する理解が深まるとともに、自身の活躍の場も広がると思います。

別の取得事例を見る | ページ先頭へ

合格者の声 - 渡辺 剛 氏 (株式会社イデアソリューション)

資格取得を目指したきっかけ、思いをお聞かせください。

Oracle VM が好きなので取得しようと思いました。

資格の試験を受けた感想(内容、難易度、その他)をお教えください。

試験は、難しすぎず丁度よいレベルなのではないかという印象を受けました。Oracle VM 3.x は以前のバージョン(2.x)からの変更点が多いため、2.xに慣れている場合でも、3.xバージョンについての勉強をする必要があると思いました。

受験前の勉強方法についてお聞かせください

OTNのマニュアルを読み込み、検証環境を用意しました。サーバ台数が多く必要になるため、Oracle VM 上に VMとしてOracle VM ServerとManagerを構築しました。特にOracle VM Managerにどれだけ慣れるかがポイントだと思います。

資格取得のメリットを、どのようにお考えでしょうか?

まだまだOracle VMについては技術者が少ないように感じるので、資格取得で専門性を証明できるメリットがあると思います。また、Oracle VMを知ることで、Oracle VMのようなXenベースのものだけでなく他のサーバ仮想化製品についても理解が深められると思います。

今後のキャリアプランをお教えください

現在はインフラエンジニアとして大規模プライベートクラウドのインフラ設計・構築プロジェクトに参画しています。当面はOracle VMに限らず、仮想化エキスパートとして頑張りたいと思います。

資格試験を受験される方に、メッセージをお願いします

試験への取り組みをきっかけとしてOracle VM Lover になってほしいと思います。

ページ先頭へ