Oracle Database 12c: Installation and Administration (1Z0-062) サンプル問題

問題1:

データベース・インスタンスやディスパッチャ・プロセスに関する情報を Oracle Net Listener に登録するバックグランドプロセスとして、正しいものを1つ選択してください。

1.      ARCn

2.      CKPT

3.      PMON

4.      LREG

 

解答: 4

解説:
LREG
Oracle Dataase 12c から新しく登場したプロセスでリスナーへ動的サービス登録を行うプロセスです。Oracle Database 11g 以前は動的サービス登録は PMON が行っていた点も覚えておきましょう。正解は 4 になります。その他の選択肢のプロセスの説明は以下になります。

ARCn : REDOログ・ファイルをアーカイブ記憶領域にコピーする。
CKPT :
チェックポイントでDBWnにシグナルを送り、データファイル、制御ファイルを更新して最新チェックポイントを示す。
PMON :
他のバックグラウンド・プロセスを監視、プロセスが異常終了した場合にプロセスのリカバリを行う。

問題2:

データベース・ライター・プロセス(DBWn)について説明した文章として、正しいものを1つ選択してください。

1.      ユーザー・プロセスによってトランザクションがコミットされた場合や、ログ・スイッチが発生した場合にREDOログ・バッファをディスク上のREDOログ・ファイルに書き込む。

2.      チェックポイント発生時や、データベース・バッファ・キャッシュに空き領域が無くなった場合に、バッファキャッシュ内の更新済みデータをデータ・ファイルに書き込む。

3.      使用されなくなった一時セグメントのクリーンアップの実施や、インスタンス障害後の起動時にインスタンス・リカバリを実行する。

4.      分散データベース構成で使用されるバッググランドプロセスである。

 

解答: 2

解説:
データベース・ライター・プロセスは変更されたブロックをデータベース・バッファキャッシュからデータファイルに書き込む動作を行います。書き込むタイミングはチェックポイント発生時やバッファキャッシュの空き領域が不足した場合になりますので正解は 2 になります。

1 はログ・ライター・プロセス(LGWR)の説明です。
3
はシステム・モニター・プロセス(SMON)の説明です。
4
はリカバリ・プロセス(RECO)の説明です。

問題3:

Enterprise Manager Database Express (EM Express) について正しいものを2つ選択してください。

1.      Oracle データベースの起動/停止を行うことができる。

2.      ARCHIVELOG の有効化/無効化を行うことができる。

3.      SQLチューニング・アドバイザの機能を使用できる。

4.      EM Express を使用するには専用のHTTPまたはHTTPSポートの構成が必須である。

5.      複数のデータベースを開始することが可能である。

 

解答: 3,4

解説:
Enterprise Manager Database Express (EM Express)
Oracle Database 内に構築される Webベースのデータベース管理ツールです。Webブラウザ上の GUI操作により、パフォーマンスの監視や構成管理などを行うことができます。使用の際にはディスパッチャの構成や専用のポート構成が必要になります。データベース内に組み込まれているツールであるためDBの起動や停止といった操作は行うことはできません。したがって正解は 3 4 になります。 5 は複数のデータベース監視を行うことができる Enterprise Manager Cloud Control の説明になります。

問題4:

初期化パラメータ値の変更について、正しいものを1つ選択してください。

1.      静的パラメータはデータベースがオンラインの場合に変更することが可能である。

2.      動的パラメータの変更内容はデータベースを再起動すると必ずクリアされるため再起動後は再設定が必要である。

3.      静的パラメータを有効にするためには、データベースを停止して再起動する必要がある。

4.      動的パラメータ値をシステム全体に対して有効にするためには ALTER SESSION 文を使用する

 

解答: 3

解説:
初期化パラーメータには以下の2種類があることを押さえておきましょう。
-
動的な初期化パラメータ(動的パラメータ)
現行のインスタンスに対してパラメータ変更ができます。変更は即時有効になります。
-
静的な初期化パラメータ(静的パラメータ)
現行のインスタンスに対してパラメータ変更ができません。これらのパラメータはテキスト形式の初期化パラメータまたはサーバー・パラメータファイルで変更し、変更を有効にするにはデータベースを再起動する必要があります。

初期化パラメータ値を設定または変更するには、ALTER SYSTEM文で SET句を指定します。変更の適用範囲を指定する場合は、オプションの SCOPE句を指定します。SCOPE句の指定にはSCOPE={BOTH, MEMORY, SPFILE} 3種類がありデフォルトは BOTHになります。それぞれの指定の意味は以下になります。

SPFILE : サーバー・パラメータ・ファイルのみに変更が適用されます。
MEMORY :
メモリーのみに変更が適用されます。
BOTH   :
サーバー・パラメータ・ファイルとメモリーの両方に変更が適用されます。

選択肢 4 ALTER SESSION 文はシステム全体ではなくセッションに対して有効にする方法なので誤りです。正解は 3 になります。

問題5:

Oracle Database インスタンスの起動において、MOUNT時の動作として正しいものを1つ選択してください。

1.      SGA領域を割り当てる。

2.      バックグランドプロセスの起動を行う。

3.      制御ファイルの内容を読み取り、データ・ファイルやオンラインREDOログファイルの名前、ステータスを取得する。

4.      データ・ファイルやオンラインREDOログファイルを開く。

 

解答: 3

解説:
インスタンスの起動のフェーズには NOMOUNT - MOUNT - OPEN と段階がありますが、それぞれでどのような動作を抑えておく必要があります。

NOMOUT : 初期化パラメータファイルを読み込んでパラメータ値を取得します。取得した値からSGA領域の割当を行い、バックグランドプロセスを起動します。
MOUNT  :
初期化パラメータであるCONTROL_FILESに指定してある制御ファイルをすべて読み込み、制御ファイル内情報の各種ファイル情報を確認します。
OPEN   :
制御ファイルの情報を元に、データ・ファイル、オンラインREDOログファイルを開きます。

MOUNT時の動作を説明しているのは 3 になります。

問題6:

セッション情報を取得する動的パフォーマンスビューとして正しいものを1つ選択してください。

1.      v$session

2.      dba_session

3.      user_session

4.      v$dba_session

 

解答: 1

解説:
動的パフォーマンスビューとは Oracleデータベースの状態をリアルタイムに確認することが出来る専用のビューになります。これらのビューの名前は「v$」から始まります。セッション情報を取得するのは v$session になりますので正解は 1 です。2,3,4 のようなビューはありません。

問題7:

サーバー構成の説明を読み、正しい構成を1つ選択してください。

【説明】
 
サーバー・プロセスとユーザー・プロセス間に11の関係があり、このサーバー・プロセスは、接続の際にリスナーが生成する。  この接続構成はデータベース管理や長時間バッチ処理などを行うユーザーに適している。

1.      専用サーバ構成

2.      共有サーバ構成

3.      HAクラスタ構成

4.      OLTP構成

 

解答: 1

解説:
Oracle
データベースの接続構成には「専用サーバー構成」と「共有サーバー構成」の2種類があります。【説明】で述べているのは専用サーバー構成の内容になりますので正解は 1 です。共有サーバー構成はサーバー・プロセスとユーザー・プロセス間が 1 n となり複数のユーザー・ プロセスを処理できますが長時間処理を行うものなどには適していません。HAクラスタ構成とは可用性を高めるための構成であり、OLTP構成はオンライントランザクション処理を主としたシステムのことを示すため誤りです。

問題8:

ロールの説明について、正しいものを1つ選択してください。

1.      ユーザー名と同じ名前のロールを作成することが可能。

2.      ロールは作成したユーザーによって所有し使用することができる。

3.      ロールはシステム権限とオブジェクト権限の両方で構成することができる。

4.      CREATE SESSION権限はRESOURCEロールに含まれる。

 

解答: 3

解説:
ロールとは、権限(システム権限、オブジェクト権限)や他のロールを一つにまとめ、複数の権限をユーザーに付与しやすくするためのオブジェクトです。ユーザー名と同じ名前のロールを作成することはできません。ロールには事前に定義されているものもいくつかありますが 4 CREATE SESSION権限が含まれているのは RESOURCEロールではなく CONNECTロールです。正解は 3 になります。

問題9:

データベース記憶域構造の説明について、正しいものを2つ選択してください。

1.      BIGFILE表領域にデータ・ファイルを追加することにより大容量のデータを扱うことが可能である。

2.      UNDO表領域や一時表領域は読み取り専用にすることはできない。

3.      Oracle 12c ではデータベース記憶域構造の管理に、必ず Oracle Managed Files(OMF)を使用する必要がある。

4.      SYSTEM表領域の補助領域としてSYSAUX表領域がある。

 

解答: 2,4

解説:
BIGFILE
表領域は大容量のデータを扱うことができますが単一のファイルで構成されるためデータファイルの追加はできません。Oracle Managed Files(OMF)を使用することで Oracle Database の管理が簡素化されるメリットがありますが必須ではありません。正解は 2 4 になります。

問題10:

表領域の領域管理の説明について、正しいものを3つ選択してください。

1.      ローカル管理領域の空き領域・使用領域は、LRUリスト(Least Recently Used List)を使用して追跡する。

2.      行が連鎖、または移行すると、行情報を取得するためにデータブロックのI/Oが増えるためパフォーマンスが低下する場合がある。

3.      領域監視の一つとして表領域によってしきい値を設定することができる。

4.      領域を節約するための追加機能が実装されており、すべてのUNUSABLE索引と索引パーティ ションは、セグメントなしで作成される。 

 

解答: 2,3,4

解説:
ローカル管理表領域は、その表領域内のすべてのエクステント情報がビットマップを使用して追跡するので 1 は誤りです。選択肢 4 は遅延セグメントの機能を説明している内容であり表パーティションや索引パーティションなどに作成可能です。正解は2,3,4 になります。

問題11:

一時UNDOの有効化/無効化を制御するパラメータについて、正しいものを1つ選択してください。

1.      TEMP_UNDO_DISABLED

2.      TEMP_UNDO_ENABLED

3.      UNDO_RETENTION

4.      UNDO_MANAGEMENT

 

解答: 2

解説:
Oracle Database 12c
の一時UNDO機能を有効/無効にするパラメータを問う問題です。一時UNDOとは一時表へのトランザクションにより生成される UNDO UNDO表領域ではなく一時表に生成させる機能です。これにより UNDO表領域の使用量の軽減や REDO への書き込みを抑えることによるパフォーマンス向上が期待できます。1TEMP_UNDO_DISABLED というパラメータは存在しません。3 UNDO_RETENTION UNDO保存の下限値()を指定するパラメータです。4 UNDO_MANAGEMENT UNDO領域管理モードを指定します。したがって正解は 2 になります。

問題12:

UNDO保存期間の低しきい値()を指定する初期化パラメータについて、正しいものを1つ選択してください。

1.      TEMP_UNDO_DISABLED

2.      TEMP_UNDO_ENABLED

3.      UNDO_RETENTION

4.      UNDO_MANAGEMENT

 

解答: 3

解説:
UNDO
保存の下限値()を指定指定するパラメータは 3 になります。(正解は 3) 1. TEMP_UNDO_DISABLED というパラメータは存在しません。2 TEMP_UNDO_ENABLED Oracle Database 12c の新機能である一時UNDOの有効/無効を設定するパラメータになります。4 UNDO_MANAGEMENT UNDO領域管理モードを指定するパラメータです。

問題13:

ロック競合の原因について、考えられるものを3つ選択してください。

1.      コミットされていない変更

2.      長時間実行トランザクション

3.      必要以上に高いロック・レベル

4.      UNDO表領域の不足

 

解答: 1,2,3

解説:
データベースのロックメカニズムはデータの整合性を保つために必要なアーキテクチャになりますが不必要なロック獲得はロック競合を引き起こす原因となります。アプリケーションの問題などで トランザクションがコミットされていない場合、ロックを保持し続けるので競合の原因になります。不必要に長いトランザクションの実行もロック競合の原因になるため適時コミット操作を入れるなどの対処が必要になります。また、本来取得しなくてもよいロックをわざと取得している場合などロック競合を引き起こす原因となるためオペレーションの確認が必要になります。UNDO表領域の不足とロック競合に直接的な関係性はないため正解は1,2,3 となります。

問題14:

統合監査を有効化する方法について、正しいものを1つ選択してください。

1.      統合監査については Oracle 12c ではデフォルトで有効となっているため特に設定操作は不要である。

2.      DBMS_FGAパッケージを使用して監査ポリシーを設定する。

3.      データベース、リスナーを停止後、OSmakeコマンドを使用して必要な実行ファイルを有効化する必要がある。

4.      初期化パラメータの AUDIT_TRAIL DB にすることで有効になる。

 

解答: 3

解説:
従来のデータベースでは別々となっていた監査証跡を1つに統合させる監査機能として、12c の新機能である統合監査が追加されました。統合監査機能を有効にするためにはデータベース、リスナーを停止してから、統合監査用の実行ファイルを make コマンドにて有効にする必要があります。正解は 3 になります。2 DBMS_FGA パッケージはファイングレイン監査に関するパッケージです。4 AUDIT_TRAIL 標準の監査機能を有効・無効に設定する初期化パラメータです。

問題15:

高速リカバリ領域を構成する初期化パラメータについて、正しいものを2つ選択してください。

1.      DB_FAST_RECOVER_DEST

2.      DB_FAST_RECOVER_AREA

3.      DB_RECOVERY_FILE_DEST

4.      DB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZE

5.      DB_FAST_RECOVERY_AREA_SIZE

 

解答: 3,4

解説:
高速リカバリ領域とは、バックアップおよびリカバリ・ファイルの記憶域の場所を集中化して管理する領域のことを示します。高速リカバリ領域に関する初期化パラメータは以下の2つです。

- DB_RECOVERY_FILE_DEST : 高速リカバリ領域のデフォルトの位置を指定します。
- DB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZE :
高速リカバリ領域に使用できる最大サイズを指定します。

 したがって正解は 3 4 になります。 1 25 のような初期化パラメータは存在 しません。

問題16:

RMANのレベル0の増分バックアップを取得するコマンドについて、正しいものを1つ選択してください。

1.      RMAN> backup database;

2.      RMAN> backup incremental level 0 database; - 正解

3.      RMAN> backup incremental level 0 cumulative database;

4.      RMAN> backup database plus archivelog delete input;

 

解答: 2

解説:
増分バックアップとは前回のバックアップから変更されたデータブロックだけをバックアップする方式のことを指します。増分バックアップではベースとなるバックアップとして「レベル0」バックアップと前回からの差分だけをバックアップする「レベル1」バックアップがあります。 ベースとなるレベル0バックアップ取得のコマンドは 2 が正解です。 1 は通常のデータベース全体バックアップです。3 は構文自体が間違っています。4 はデータ ベース全体のバックアップに加えアーカイブログ・ファイルも取得し、アーカイブ・ログ・ファイルをバックアップした後、それらのファイルを削除する方法です。

問題17:

REDOロググループのメンバーが失われた場合のインスタンスの動作について、正しいものを2つ選択してください。

1.      REDOロググループのメンバーが失われた場合でもグループに一つ以上のメンバーが残っていれば通常の操作が可能である。

2.      即座にインスタンスダウンする。

3.      グループに一つ以上のメンバーが残っていれば即時にダウンすることは防げるが、REDOログが循環するといずれはダウンする。

4.      グループに一つ以上のメンバーが残っていれば、正常停止した後にバックアップファイルをリストアすることで復旧することができる。

5.      グループに一つ以上のメンバーが残っていればデータベースを停止することなく復旧が可能である。

 

解答: 1,5

解説:
REDO
ロググループに属するすべてのメンバーに障害が発生すると LGWR の書き込みが発生した時点で Oracleデータベースはダウンしてしまいますが、一部のメンバーの消失であれば業務を継続することが可能です。また REDOロググループの一部のメンバーが損失した場合は正常なログメンバーをコピーするだけでリカバリすることが可能です。以上から 1 5 が正解となります。

問題18:

外部表について、正しいものを1つ選択してください。

1.      外部表に使用されるアクセス・ドライバとして ORACLE_DATAPUMPアクセス・ドライバとORACLE_UNLOADアクセス・ドライバがある。

2.      外部表に対して索引を作成して高速にアクセスすることが可能である。

3.      外部表に対してDML文を実行し、データの変更を行うことが可能である。

4.      ORACLE_DATAPUMPアクセス・ドライバを使用して、複雑な問合せの結果を外部ファイルにアンロードできる。

 

解答: 4

解説:
外部表とはOS上にあるファイルデータをあたかもOracleデータベースの表データのようにあつかうことができるオブジェクトになります。外部表を扱うために2つのアクセスドライバを使用することが出来ます。

- ORACLE_LOADER   : SQL*Loader ユーティリティによって実装される
- ORACLE_DATAPUMP : Data Pump
ユーティリティによって実装される

外部表は通常のデータベース表と同様に問合せすることができますがDML操作や索引作成は行うことができません。したがって正解は4 となります。

問題19:

自動メモリ管理(AMM)の説明について、正しいものを1つ選択してください。

1.      自動メモリ管理とは、インスタンスに使用可能なSGAメモリーの合計量を指定することでメモリーを効果的に使用する機能である。

2.      自動メモリ管理とは、使用可能なPGAの量に対して厳密な制限を設定することが可能な機能である。

3.      自動メモリ管理とは、SGAメモリーおよびPGAメモリのサイズ設定を自動的に管理する機能である。

4.      自動メモリ管理とは、パフォーマンス・ボトルネックを検出し、最適なメモリーの値を算出してくれる機能である。

解答: 3

解説:
自動メモリ管理(AMM) SGA PGA を合計した全体で自動調整するアーキテクチャになりますので 正解は3 になります。1 SGAメモリーの自動調整を行う自動共有メモリ管理(ASMM)の説明 になります。3. PGAの上限を厳密に設定する PGA_AGGREGATE_LIMIT(12c 新機能)の説明です。4 Memory Target Advisory のようなアドバイザー機能の説明なので誤りです。

問題20:

オプティマイザ統計にて収集される統計について、正しいものを2つ選択してください。

1.      表、索引オブジェクトに対するアクセス頻度

2.      表または索引サイズ

3.      行数 - 正解

4.      SQL実行回数

解答: 2

解説:
オプティマイザとは、データベースに対して問合せ処理の最適化を行う機能のことを指し、オプティマイザ統計とは最適な処理を行うために必要な情報のことを表します。オプティマイザ統計には以下のようなものがあります。

- 表統計(行数、ブロック数、行の平均長さ[バイトサイズ])
-
索引統計(リーフ・ブロック数、レベル数、索引クラスタ化係数)
-
列統計(列内の個別値[NDV])
-
システム統計(I/Oパフォーマンスと使用率、CPUパフォーマンスと使用率)

選択肢 1 4 のようにアクセス頻度やSQL実行回数の情報はありません。正解は 2 3 になります。

問題21:

SYSTEM表領域、SYSAUX表領域について、誤っているものを1つ選択してください。

1.      データベースの作成時に自動で作成される

2.      SYSTEM表領域はオフラインにすることができる

3.      SYSAUX表領域はオフラインにすることができる

4.      smalfile表領域、bigfile表領域のいずれでも作成ができる

 

解答: 2

解説:
SYSTEM
表領域はデータベースの管理情報を含む情報(データディクショナリ)が格納されており、SYSAUX表領域は SYSTEM表領域の補助領域として存在しています。どちらも必須の表領域となり データベース作成時に自動で作成されます。SYSTEM表領域は常にオンラインである必要があるため 2が誤りです。誤っているものを選択する問題なので2 が正解です。

問題22:

OUI(Oracle Universal Installer)を非対話モードで実行するのに必要なファイル名を1つ選択 してください。

1.      サイレントファイル

2.      データファイル

3.      制御ファイル

4.      レスポンスファイル

 

解答: 4

解説:
Oracle
データベースのインストールには GUIベースで実施する対話型モードと、コマンドベースでインストールを実施する非対話型モードがあります。非対話型モードで指定する必要なファイルがレスポンスファイルとなりますので正解は4 になります。レスポンスファイルは対話型モードで指定する各種設定項目が記載されているファイルとなります。