Oracle University お申込み規約(ORACLE UNIVERSITY LEGAL TERMS & POLICIES)

定義:

「お客様」とは、オラクル(以下「オラクル」といいます)又はその認定販売店に対して、注文書に記載のオラクル製品又はサービス若しくはその双方を注文した個人や企業を指します。「対象製品」とは、オラクルが権利を保有又は頒布しているソフトウェア・プログラム、コース教材、Toolkits 及びその他製品(プログラム・ドキュメンテーションを含みます)のうち、お客様が注文したものを指します。「対象サービス」とは、お客様が注文した研修サービスを指します。「指名ユーザー」とは、任意の一時点で対象製品を実際に使用しているか否かを問わず、単一のサーバーにインストールされた、又はオンライン環境を経由してお客様に提供された対象製品を、使用することをお客様により認められた個人を指します。なお、指名ユーザーとしての権利は、譲渡することができません。「同時アクセスユーザー」とは、単一のサーバーにインストールされた、又はオンライン環境を経由してお客様に提供された対象製品を、同時に使用することをお客様により認められた個人を指します。「社員」とは、オラクルのプログラムに関係する適用可能な対象製品へのアクセス及び使用、又はオラクルのプログラムにより確認される、(i) お客様の会社のフルタイム、パートタイム、派遣社員、(ii) 代理店、契約社員、コンサルタント、と定義します。社員ライセンスで必要なライセンス数は、社員数で決定され、実際のユーザー数で決定されるものではありません。さらに、お客様がビジネス機能を他社に外注することを選択している場合、以下は、社員数の決定のため算出されなければなりません。: i)外注サービスを提供していて、ii)アクセス及び使用、又はプログラムにより確認される、全ての会社のフルタイム、パートタイム、派遣社員、代理店、契約社員及びコンサルタント。

適用範囲:

本規約の条件及びポリシーは変更される場合があります。また、お客様の注文時点で現存し、お客様が承諾した条件が、お客様の注文に対し有効となり、お客様の注文に適用されます。日本国政府機関に属するお客様で、Oracle Universityの対象製品や対象サービスに関するオラクルの規約に準拠する現行の契約を有し、かつお客様が現行契約の条件をお客様の注文に適用をしないことをご希望される場合は、Oracle University コールセンター(0120-155-092)までご連絡ください。それ以外の場合は、お客様に提示された合意事項が、オラクルとの既存契約に対し、有効となります。有効の場合、矛盾がある範囲について、本規約がこれらの条件に優先します。

注文/登録方法:

Oracle Universityは、お客様からの対象製品の注文及びInstructor-Led Training(集合研修) 及び/または Live Virtual Class への受講者登録を、Oracle University のウェブサイトhttp://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=3&p_org_id=70&lang=JA、又は電話により受け付けております。お客様を担当する窓口の電話番号は、 http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=225&p_org_id=70&lang=JA#4 において閲覧することができます。

支払方法:

お支払い方法については、Oracle Universityの営業担当者または、Oracle University コールセンターまでご確認ください。

【Oracle University コールセンター】0120-155-092
【受付時間】9:00-12:00、13:00-17:00(土日、祝日は除く)

*Learning Credits:

Learning Creditsは、http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=3&p_org_id=70&lang=JAに掲載される Oracle University のオンライン・カタログに定める研修製品及びサービスを購入する際に利用することができます。Learning Creditsは、お客様が対象製品又は対象サービスを注文した時点で有効な価格表記載の価格で、対象製品及び対象サービスを購入するためにのみ利用でき、対象製品又は対象サービスの購入時に割引やプロモーションの対象となっている製品やサービスについては利用することができません。定価には、お客様が購入した Learning Credits の割引率が適用されます。前述の定めにもかかわらず、Learning Creditsは、お客様の注文に関連する税金、 教材代金及び/又は経費の支払に利用することもできます。但し、お客様の注文書に記載の割引は、当該税金、教材代金及び/又は経費には適用されません。Learning Creditsは、オラクルがお客様の注文を受諾した日から12ヶ月間有効であり、お客様は、当該有効期間の末日までに、対象製品を購入し、また、購入した対象サービスを利用するものとします。お客様は、Learning Creditをご購入された国、世界中において(適用される輸出関連法規に従って)使用できます。Learning Creditsを新たに購入するための支払方法として利用することはできず、また、単一の製品又はサービスを購入するために、若しくは関連する税金、教材代金及び/又は経費を支払うために、別のLearning Creditsアカウントを利用することもできません。Learning Creditsは、移転・譲渡することができません。お客様が対象製品又は対象サービスを注文する際に、Learning Creditsを利用される場合は、 オラクルの標準注文書類への署名が要求されることがあります。お客様が、Learning Creditsを購入した国とは異なる国でLearning Creditsを適用する場合、お客様の注文に対し、追加の付加価値税又はその他類似の税金が課される可能性があります。

*有効なオラクルの契約を用いて購入されたLearning Creditsは、その購入に用いられた契約(オラクル・パートナー契約を除く)の満了日又は12ヶ月経過後のいずれか早い時点で終了します。これにより、お客様のLearning Creditsの有効期間に影響を及ぼすことがあります。

請求書に定める支払い条件に従った支払いがなされない場合、Learning Creditsアカウントは停止されるものとします。

最初へ戻る

100% Student Satisfaction Program:

オラクル100% Student Satisfaction Programは、コース購入時にOracle University ホームページhttp://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=3&p_org_id=70&lang=JAにて本プログラムの対象とされている定期ILTコースに適用されます。受講生が全コース日程に参加し、正当な理由によりそのコースに満足できなかった場合、コース終了後30営業日以内にOUadm_jp@oracle.com宛てにメールにて連絡する必要があります。オラクルは、受講者からの連絡後6ヶ月以内に(又は当該6ヶ月間に利用できない場合は、同じ研修会場にて、当該6ヶ月経過後にコースが利用可能となり次第)、同バージョン・同タイトルのコース(又は受講生の選択により、利用可能な場合にオンラインで実施される同等のコース)の再受講を受講生に対し無償で許諾します。オラクル100% Student Satisfaction Programは、(i)このプログラムにより再受講されたコースに対して、(ii)トレーニング・オンデマンドコースに対して、または、(iii)オラクルがコントロール不可能な理由により、受講生が満足できなかった場合は適用されません。オラクルは再受講に関わる交通費、宿泊費を含むいかなる経費及びそれに適用される税金に対していかなる責務も負いません。オラクルは、何らかの理由により(スケジューリングを含みます)返金が適切と認めた場合は、その裁量により、コースの再受講を認める代わりに受講生へのコース受講料の返金を行うことができます。以上が、コースに受講生が満足できなかった場合の、受講生の唯一の救済であり、オラクルの責任の全てです。

受講者登録確認プロセス:

Instructor-Led Training(集合研修)及び/又はLiveVirtual Class(LVC)への受講者登録は、「お申込み受付中のご案内」メール内、「お支払い方法」の指示どおりに処理いただくまで、確定しません。Instructor-Led Training(集合研修)及び/又はLiveVirtual Class(LVC)に対するお客様の登録が確定した後、Oracle Universityは登録確認の電子メールをお客様に送付します。

研修の開催地までの地図を含むアクセス情報は、Oracle University のウェブサイトhttp://www.oracle.com/jp/education/maps/index-172679-ja.htmlに記載されています。

製品(受験チケット、ePractice、オンライン・トレーニングなど)の発注及び出荷:

お客様が発注した後は、その支払義務は取消不能となり、一旦支払われた金額は払い戻されません(本規約に別途明記する場合を除く)。出荷可能な製品は、通常発注後7日から10日以内に出荷されます。 お客様は、発注後3週間以内に注文品を受領していない場合、又は注文品の中身が出荷中に破損したか若しくは欠陥品であると思われる場合には、 オラクルの担当者に連絡してください。オラクルは、お客様から提供される情報が正確であることを前提としています。従って、発注に誤りがあった場合の払い戻しや請求書再発行は行えません。

対価、諸税及び請求:

オラクルに支払うべき対価はすべて、請求日から30日以内、もしくはお客様の注文書に別途記載された条件に従い支払うものとし、また、お客様は、オラクルの所得に関する税を除き、ご注文の対象製品及び/又は対象サービスに関して、 法律上オラクルが支払わねばならない消費税、付加価値税、その他類似の税を支払うことに同意します。 さらにお客様はオラクルに対し、対象サービス提供に関連する合理的な経費を支払います。前文にかかわらず、一社研修については、注文時の弊社ウェブサイト http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=37&p_org_id=70&lang=JAに記載されている日数に対し、一日あたりの固定料金を乗じた金額が経費として請求されます。注文書若しくはOracle University のウェブサイトhttp://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=3&p_org_id=70&lang=JAに記載されているサービス料金、又は電話により見積もられたサービス料金には、 税金及び経費は含まれていません。

お客様に対する請求は、お客様の発注の完了時点で有効な価格により行われます。

価格は、オラクルが発行した見積書をお客様が持っている場合に限り保証されます。お客様は、オラクルが発行した見積書に対してご注文された場合には、当該見積書を承認し、その有効期限までに有効な支払確約を提供しなければなりません。

Oracle University製品については、出荷時点、または、電子的に配布もしくは本規約に記載するようにお客様がダウンロード可能となった時点で料金が請求されます。 Oracle UniversityのInstructor-Led Training(集合研修) 及び/又はLVC については、受講最終日に料金の請求処理がされますので、請求書の発行もしくはカードの引き落としはコース終了後となります。

許諾される権利:

お客様の注文のオラクルによる受諾をもって、お客様には、お客様の注文及び該当するプログラム・ドキュメンテーションに明記された定義及び規則に従って、お客様の内部業務処理を唯一の目的として、お客様が注文した対象製品を使用する、非独占的、譲渡不能、ロイヤルティ不要かつ無制限の限定された権利が許諾されます。オラクルがコースでお客様に提供する教材は、当該コースを受講する目的で当該コースに参加する受講者のみが使用することができます。お客様は、対象サービスへの支払いをすることにより、お客様の注文に基づきオラクルが開発しお客様に納入された成果物に対して、お客様自身の内部的業務処理に使用できる、非独占的、譲渡不能、ロイヤルティ不要かつ無期限の使用権が許諾されます。ただし、特定の成果物においては、注文に基づき追加的な使用許諾条件が適用されることがあります。

権利及び制限:

オラクルは、対象製品及び対象サービスにおいてお客様の注文に基づきオラクルが開発し、お客様に納入された成果物に関わるすべての権利と知的財産権を保有します。お客様は、使用権許諾された範囲で各プログラムを必要なだけ複製することができ、 また、各プログラムのメディアを一部複製することができます。

一部のオラクルのプログラムと共に使用するのに適している、又は必要となる第三者のテクノロジー製品は、対象のプログラム・ドキュメンテーションに記載されます。

当該第三者のテクノロジー製品は、本規約の条件ではなく、対象のプログラム・ドキュメンテーションに記載される第三者テクノロジー製品のライセンス契約の条件に基づき、お客様に使用許諾されます。

お客様は、以下の行為をしません。

最初へ戻る

保証:

対象製品及び対象サービスは、「現状有姿」("as is")で提供され、 法律上禁止されていない範囲で、明示的であるか黙示的であるかを問わず、商品性及び特定目的への適合性についての黙示の保証を含め、オラクルは一切の保証責任を放棄します。

機密保持:

本規約により両当事者は相互に機密である情報(以下「機密情報」といいます)を入手する場合があります。両当事者は、本契約上の義務を履行するうえで必要となる情報のみを開示することに合意します。機密情報は、研修用プログラム、本契約の条件、価格、並びに機密である旨明示された全ての情報に限定されます。

各当事者の機密情報には、次の各号の情報は含まれないものとします。
(a) 他方当事者の責に帰すべからざる事由により公知であるか又は公知となった情報
(b) 開示前に他方当事者が開示側当事者から直接間接を問わず受領せずに適法に占有していた情報
(c) 他方当事者が第三者から開示について制限を受けることなく適法に開示を受けた情報
(d) 他方当事者が独自に開発した情報

各当事者は、開示された日から3年間、相手方の機密情報を機密として保持することに合意します。また、各当事者は、機密情報の漏洩を防ぐ義務を負う従業員又は委託要員に対してのみ、機密情報を開示することに合意します。各当事者は、法律により要求される場合を除き、いかなる形態によっても、相手方の機密情報を本契約の履行以外の目的で第三者に提供しないことに合意します。

責任の制限:

いずれの当事者も、間接損害、付随的損害、特別損害、懲罰的損害又は結果的損害について、あるいは逸失利益、売上の喪失、データ又はデータの使用機会の喪失について、何ら責任を負わないものとします。お客様のご注文から又はそれに関連して生じた損害に対するオラクルの損害賠償責任は、契約責任によるもの、 不法行為によるもの又はその他の場合によるものであるとを問わず、 お客様のご注文に基づきお客様からオラクルに支払われた対価の金額を上限とし、また当該損害が保証を満たさない不十分な対象プログラム又は対象サービスから生じた場合には、オラクルの賠償責任は、損害の原因である保証を満たさない不十分な対象プログラムあるいは対象サービスに対してお客様が支払った金額を上限とします。

終了:

一方の当事者が本規約の重要な条件に違反し、書面で違反内容の明示があった後30日以内に違反を是正しないときは、非違反当事者は本規約を終了させることができます。オラクルが、本条項に基づき本契約を終了させた場合は、お客様は30日以内に、本規約終了以前の未払代金全額、並びに本規約に基づき受領した商品またはサービスに対して支払いが残っている合計額に加え、その消費税等の関連する税金及び関連する費用を支払わなければなりません。料金の不払いを除き、非違反当事者は、違反した当事者が当該違反を是正するにあたり合理的な努力を続ける限りにおいて30日間の猶予期間を延長することに自らの裁量で同意できます。

本規約においてお客様の債務不履行が発生した場合は、お客様は注文された商品またはサービスを使用できないことに同意します。お客様が本規約に基づく対価を支払うためにオラクルまたはオラクル関連会社の契約を利用し、当該規約において債務不履行となった場合においても、商品またはサービスを使用できないことに同意します。

責任の制限、支払、その他規定に関して本契約に定める当事者の権利及び義務は、本契約終了後も存続するものとします。

輸出管理:

対象製品に対しては、米国及び日本国の輸出関連法規(以下「輸出関連法規」といいます) が適用されます。お客様は、本規約に基づき提供される対象製品(技術データを含みます)及びサービス成果物の使用にあたり、 すべての輸出関連法規(「みなし輸出」及び「みなし再輸出」に関する規制を含みます)に従うことに同意します。お客様は、データ、情報、製品及び/又は対象サービスの提供により生じた成果物(又はそれらの直接的製品) が、輸出関連法規に違反して、直接間接を問わず輸出されないこと、輸出関連法規に違反した用途 (核兵器、化学兵器、生物兵器の拡散、ミサイル技術の開発を含みますがこれに限定されません)で使用されないことに同意します。お客様は、対象製品(組込ソフトウェア及びオペレーティング・システムを含みます)の移転、輸出又は再輸出に伴う梱包明細書、インボイス、船積書類 (Shipping Documents) 、及びその他書類において、以下の表示を含めるものとします。「これらの製品、技術、ソフトウェア又はハードウェアは、米国輸出管理規則(Export Administration Regulations)及び関連する輸出法令に従って輸出されたものです。関連する輸出法令に反する転用は、禁止されています。」

セグメンテーション:

いずれの製品又はサービスの購入も、完全に別個の提案であり、さらに、お客様がオラクルより受領する、もしくは受領済みのその他の製品やサービスに対する、その他の提案とは別個のものです。お客様は、お客様が製品もしくはサービスを、その他の製品やサービスとは無関係に購入するということを、理解します。お客様の支払い義務において、(a)いずれかの製品に対するものは、その他のサービスの履行又はその他の製品の引渡しを条件とすることはなく、さらに(b)その他のサービスに対するものは、いずれかの製品の引渡し又はその他のサービスの履行を条件とすることはありません。お客様は、お客様がオラクル又はその関連会社との任意の融資やリース契約に依存せずに購入を行ったことを、了承します。

当事者の関係:

オラクルは独立の契約者であり、両当事者は、当事者間で共同経営、ジョイント・ベンチャー、又は代理人の関係を構築するものではないことに同意するものとします。両当事者は、関連する税金及び保険料を含むそれぞれの従業員への支払について、各当事者が責任を負うものとします。サービスの履行にあたり、オラクルがお客様のシステムの一部である他社製品へのアクセスが必要となった場合、お客様は、オラクルがお客様にかわってその製品にアクセスするために必要なライセンスを取得する責任を負います。

不可抗力:

いずれの当事者も以下の事由による義務の不履行又は遅滞について責任を負わないものとします。
(1) 戦争、反乱、妨害行為
(2) 天災
(3) 世界的流行病
(4) 債務者の責によらない電気、インターネット又は電気通信上の機能停止
(5) 政府の規制(輸出又はその他の許認可の拒否、取消しを含みます)
(6) 債務者の合理的な支配を超えたその他の事態

両当事者は、不可抗力の影響を緩和させるために合理的な努力を行うこととします。これらの不可抗力が90日を超えて続いた場合、一方当事者は書面による通知により履行されていない対象サービスを終了することができます。本条は通常の障害回復手順に従って合理的な措置を講じる各当事者の義務、あるいは引き渡された対象プログラム、及び提供された対象サービスへの甲の支払い義務を免除するものではありません。

プライバシー:

Oracle Universityは、お客様による特定の対象製品及び対象サービスの登録及びオラクルによるそれらの提供に関連して、お客様の個人情報を収集し、業務上の処理に利用することがあります。Oracle Universityは、セキュリティおよび詐欺防止の理由で、お客様がサービスをご利用の際にコマンドプロンプトに入力されたお客様の個人情報を収集し、業務上の処理に利用することがあります。Oracle Universityは、オラクルのプライバシー・ポリシーを遵守するものとします。当該ポリシーの最新版は、http://www.oracle.com/jp/legal/privacy/index.htmlに掲載されています。

最初へ戻る

その他:

お客様は、本規約及びここに言及(URL及び参照されるポリシーに記載の情報への言及を含みます)することにより本規約の一部を構成する情報、並びに該当する注文は、お客様が注文された対象製品及び/又は対象サービスに関する合意の全てであること、また、本規約は、当該対象製品及び/又は対象サービスに関し、書面ないしは口頭により、過去又は同時になされたすべての合意や意思表示に取って代ることに同意します。本規約の条項のいずれかが無効又は法的強制力がないことが判明した場合でも、その他の条項は引き続き有効とします。両当事者は、本規約及びオラクル製品注文書の条件が、いかなる購買注文書又はオラクル書式でない注文書の条件にも優先し、いかなる購買注文書又はオラクル書式でない注文書に含まれる条件も、注文された対象製品及び/又は対象サービスに適用されないことについて明確に合意します。お客様及びオラクルの正当な権限を有する代表者が、書面に署名もしくは記名押印した場合、又はOracle Storeにてオンラインで受託した場合を除き、本規約及び注文書は変更されず、権利及び制限について変更や放棄がなされないものとします。なお、本規約における通知は、 相手方に対する書面をもって行うものとします。

お客様は、他の個人又は法人に対し、条項対象製品及び/又はあらゆる対象サービス、並びに、それらの権利を贈与、譲渡することはできません。お客様が対象製品及び/又は対象サービスの成果物を担保に供した場合でも、当該担保権者は当該対象製品及び/又は対象サービスの成果物を利用又は譲渡する権利を有しません。お客様が、対象製品及び/又は対象サー ビスの取得に際して融資を受ける場合 、お客様はhttp://oracle.com/contracts に掲載されるオラクルの融資に関するポリシーに従うものとします。

料金の不払い又はオラクルの財産権侵害に関する訴訟を除き、いずれの当事者も本規約により生じる、あるいは関連する訴訟を、いかなる形態であれ、訴訟の原因が発生した時から 2 年経過した後には提起することはできません。

オラクルは、お客様による製品もしくはサービスの使用状況(ソフトウェアツールの利用によるもの等)について、本規約及びお客様の注文に従っているかどうかを評価するため、監査を行うことができます。当該監査は、お客様の通常の事業活動を不当に妨げないものとします。お客様はオラクルによる監査に協力し、合理的な範囲内でオラクルに助力及び情報(関連する帳簿、記録、契約、コンピュータ、技術担当者、及び発注システムを含みますが、これに限りません。)を提供することに同意します。お客様に許諾された使用権の範囲を超える製品もしくはサービスの使用に対して適用される対価について、お客様はオラクルの書面による通知から30日以内に支払うことに同意します。お客様がこれを支払わない場合、オラクルは、お客様による製品もしくはサービスの使用及び/又は本規約及びお客様の注文を、終了することができます。お客様は、監査に協力することによりお客様に生じた費用について、オラクルには一切責任がないことに同意します。

本規約は、日本国の実体法と手続法が適用され、お客様とオラクルは、本規約から又はそれに関連して生じる紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

お客様は下記事項に同意し、お客様の従業員がお客様のご注文に基づきオラクルコースの受講登録をした場合には、当該従業員に対し、コースを受講するために下記事項に同意する必要があることを知らせるものとします。

「オラクルコースの会場(以下「コース会場」といいます)への出入りが認められることの条件として、お客様は、コース会場の中、敷地内又は周囲において生じたいかなる財産(お客様又はお客様の従業員、代理人、お客様、ご招待客、代表者の企業資産又は個人資産等を含みます)の損失、盗難、破損、損傷について、並びに、コース会場の中、敷地内又は周囲においてお客様又はお客様の従業員、代理人、お客様、ご招待客、代表者が受けた損傷について、オラクルやコース会場の所有者(オラクルが所有者でない場合)及びそれらの役員、取締役、従業員、代理人(以下「被免責者(Released Parties)」と総称します)に対してクレームを提起する権利をすべて放棄します。被免責者は、コース会場の中、敷地内又は周囲にいる間のお客様又はお客様の従業員、代理人、お客様、ご招待客、代表者の安全性について、何らの責も負わないものとします。本項は、被免責者による重過失又は故意の違法行為に直接的に起因する損害には適用されません。」

最初へ戻る


ORACLE UNIVERSITY INSTRUCTOR-LED TRAINING (ILT:集合研修) 及び LIVE VIRTUAL CLASSROOM (LVC):

ILT(集合研修)及び LVC キャンセル待ちリスト:

オラクルは、満席となった ILT(集合研修)及び LVC への登録申請をキャンセル待ちという形式で受け付けております。席に空きができた場合、受講希望者は受講者としてそのコースに登録され、受講確認書が送付されます。 受講希望者は、受講確認書が送付されてから3日以内に登録を取り消すことができ、 その期間経過後は、取消に関するオラクルの正規のポリシーが適用されます。

Live Virtual Class (LVC):

Live Virtual Class (LVC)は、受講者登録されたお客様のみが利用でき、受講者登録されていない個人は、いかなる場合であってもLVCに参加することはできません。受講者登録されたお客様は、お申込み書に記載されている国から当該クラスに参加しなければなりません。

LVCの内容を許可なく録画、コピー、又は送信することは固く禁じられています。LVCに参加するための最低限のシステム要件を満たすことはお客様の責任とします。

研修および認定試験お申込みの登録取消に関するポリシー:

オラクルは、その裁量によりコースの取消又は予定変更を行うことがあり、その場合は、1週間前までにお客様に通知するため相当な努力をするものとします。オラクルがコースの取消又は予定変更を行った場合は、お客様に対して料金の請求はされません。

オラクルは、オラクルがコースの取消又は予定変更を行った場合にお客様に生じる旅費や宿泊費に対し、責任を負いません。お客様は、受講予定の研修について変更がある場合には、可能な限り早くその旨をオラクルに連絡してください。コースの受講の取消又はその予定の変更は、営業時間内にお電話にてオラクルまでご連絡ください。なお、取消又は変更を確定するためには、その後確認のためにお送りする電子メールにてご同意が必要となります。

【Oracle University コールセンター】E-Mail: ouadm_jp@oracle.com、TEL: 0120-155-092
【受付時間】9:00-12:00、13:00-17:00 (土日、祝日は除く)

受講者もしくは受験者が4名に満たない場合には、そのコースもしくは試験を中止させていただく事がございます。 その場合、開催7日前(祝祭日ならばその前日)までにご連絡いたします。予めご了承ください。

最初へ戻る

Instructor-Led Training(集合研修)コースおよび ORACLE MASTER Platinum(OCM)試験
コース開始予定日の7日前までに、登録の取消又は日程変更をした場合 コース受講料の請求なし
コース開始前6日以内に、日程を変更した場合 コース受講料の50%を請求
コース開始前6日以内に、登録を取り消した場合 コース受講料の50%を請求
研修に欠席又は研修当日に取り消した場合 コース受講料全額を請求
一社研修(Private/Onsite Training Events)
コース開始予定日の14日前までに、コースを取り消した場合 コース受講料の請求なし
コース開始前13日以内に、日程を変更した場合 コース受講料の50%を請求
コース開始前13日以内に、登録を取り消した場合 コース受講料の50%を請求
コースに欠席又はコース当日に取り消した場合 コース受講料全額を請求
認定試験(Oracle Testing Center (OTC) Exam)
試験開始予定日の7日前までに、登録の取消又は日程変更をした場合 認定試験受験料の請求なし
試験開始予定日前6日以内に、日程を変更した場合 認定試験受験料の請求なし
試験開始予定日前6日以内若しくは試験当日に取り消した場合、又は試験に欠席した場合 認定試験受験料全額を請求、又は支払方法が受験チケットの場合は受験チケットを無効にする

最初へ戻る

International ILT(国際集合研修)への登録:

受講者は、コースへの参加が確定する前に、全ての正しい渡航関連書類(Visa等)を確保する責任を負います。

ILT(集合研修)教室環境:

受講者は、初日のコース開始15分前までに受付で氏名を記入してください。服装はビジネス・カジュアルが適切です。コースの教材と設備・機器については、Oracle Universityが提供します。Oracle Universityのコースは、チーム学習法(team learning methodology)により実施されます。受講者は、学習効果を高めるために、 学習仲間とコースのテーマについて協議したうえで、コースに出席してください。学習教材を許可なく録画、コピー、又は送信することはできません。

書面によるオラクルとの合意がない限り、お客様の会社または組織に所属する従業員及び職員以外の一社研修への参加は、禁じられています。

学習キット(Student Kit Materials):

現在オラクルでは、学習キットの電子的提供(eKit)をサポートしています。コースにお申し込みいただく際の登録プロセスの一環として、お客様の電子メールアドレスをご提示いただいていますが、いただいた電子メールアドレス宛に、オラクルはお客様に対し、eKitをダウンロードするためのセキュリティー・パスワードをお送りいたします。受講者は、「eKitダウンロードのお知らせ」 メールを受領してから90日間、当該eKitにアクセスし、かつダウンロードすることができます。それぞれのeKitには、受講者の氏名と電子メールアドレスが転記され、登録されたお客様に対し、ご自身での使用に限り、その使用が許諾されます。

学習キットのコピー及び第三者への頒布は固く禁じられております。

eKitが適用されるコースの場合、ハードコピーの学習キットは当該コースの受講教室にて配布されません。ハードコピーの学習キットは、eKitが適用されるクラスが終了した後、追加費用を支払いOracle Universityより購入することができます。Oracle Cloud ラーニング・サブスクリプション及び/又はアンリミテッド・ラー ニン グ・ サブスクリプションの一部として提供される範囲で学習キットは、「参照機能のみ」(ダウンロード不可)となります。

コースの取消や予定変更に関する上述のポリシーにてすでにご案内の通り、お客様が当該eKitをダウンロードした時点をもって(お客様がダウンロードを行ってから当該コースの受講開始日までの日数にかかわりなく)、コース受講料(トレーニング・オン・デマンド料金を含む)の全額について支払義務が発生します。また、一旦支払われた料金は返金不可となります。eKitの提供およびダウンロードの方法の詳細につきましては、http://www.oracle.com/jp/education/ekit-terms-policies020109-172087-ja.htmlにてご参照ください。

オラクルが第三者に学習キットの販売を許諾することはありません。不測の理由により登録完了済みのコースを受講できず、かつ上述のポリシーの条件により取消料を全額支払った受講者は、当該コースに関連して使用される学習キットを1部リクエストすることができます。受講者は、そのリクエストを、当初受講予定であったコースの実施日から60日以内に、Oracle Universityの営業担当者に対して行う必要があります。

最初へ戻る


ORACLE UNIVERSITY 製品及びサービスに関する追加条項:

Oracle ラーニング・サブスクリプション(OLS):

Oracle ラーニング・サブスクリプションとは、該当のご注文上に以下品目の1つ以上が含まれるもので、定義の詳細については、以下をご参照ください。

Oracle ラーニング・ストリーム:

Oracle ラーニング・ストリームとは、最新のオラクル技術の習得を目指すプロフェッショナルの技術者向けにビデオコンテンツ及びサービスを提供するものです。コンテンツは、オラクルの設計者、サポート・エンジニア、コンサルタント、インストラクター、および外部のインストラクターを含む各専門技術者により提供されます。コンテンツには、プログラム・ドキュメンテーション、Web セミナー、講演、カリキュラム、および毎月のサービス更新情報メール配信が含まれます。Oracleラーニング・ストリームは、http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=745&p_org_id=70&lang=JAにて提供され、全てのOracleラーニング・ストリームサービスは、お客様の注文、本規約及び「Oracle University Knowledge Center - ホスティング・アクセス・ポリシー」の条件に従い利用することができます。「Oracle University Knowledge Center - ホスティング・アクセス・ポリシー」は、http://www.oracle.com/jp/education/oukc/hosting-policies-172662-ja.htmlに掲載されており、オラクルは、お客様に通知することなく必要に応じて当該ポリシーを更新する場合があります。Oracleラーニング・ストリームは、指名ユーザー単位でご利用可能であり、その有効期間は、お客様の注文書の発効日から1年間とします。指名ユーザーではない個人は、いかなる場合もOracleラーニング・ストリームを視聴することはできません。Oracleラーニング・ストリームの視聴は、購入された国において行われなければなりません。Oracleラーニング・ストリームの内容を許可なく録画、コピー、又は送信することはできません。Oracleラーニング・ストリームご注文の際、最低限のシステム要件を満たすことはお客様の責任とします。オラクルのプログラムが対象サービスの一環としてダウン ロード可能となった場合には、当該プログラムの利用には、本規約の条件が適用されます。特に明記のない限り、修了証はOLSの一部としては提供されません。お客様との契約におけるいかなる定めにもかかわらず、オラクルは Oracleラーニング・ストリームサービスが中断やエラーがなく提供されることを保証しません。

Oracle トレーニング・オンデマンド:

Oracle トレーニング・オンデマンド(TOD)とは、ウェブ ベースの学習環境へのアクセスを提供するものです。オラクルは現在、「TOD 単一タイトル(指名ユーザー)」、「TOD 単一タイトル(同時アクセスユーザー)」、「TOD 複数タイトル(指名ユーザー)」及び、限定的に提供されている Oracle University Knowledge Center(OUKC)サービスを提供しています。全てのトレーニング・オンデマンドサービスは、以下に詳述され、本規約及び「Oracle University Knowledge Center - ホスティング・アクセス・ポリシー」の条件に従い利用することができます。「Oracle University Knowledge Center - ホスティング・アクセス・ポリシー」は、http://www.oracle.com/jp/education/oukc/hosting-policies-172662-ja.htmlに掲載されており、オラクルは、お客様に通知することなく必要に応じて当該ポリシーを更新することがあります。Oracle トレーニング・オンデマンドのコンテンツを無許可で視聴、録画、コピー、送信又はその他の方法により配布することは固く禁じられています。トレーニング・オンデマンドご注文の際、最低限のシステム要件を満たすことはお客様の責任とします。トレーニング・オンデマンドの注文は、キャンセルおよび返金不可となります。オラクルのプログラムが対象サービスの一環としてダウンロード可能となった場合には、当該プログラムの利用には本規約の条件が適用されます。お客様との契約におけるいかなる定めにもかかわらず、オラクルは Oracle トレーニング・オンデマンドサービスが中断やエラーがなく提供されることを保証しません。「TOD 単一タイトル(指名ユーザー)」とは、ホスト環境を経由して提供されるウェブベースの学習環境であり、一部の集合研修のライブ映像の録画及びeKit(電子的に提供される学習キット)に対するオンデマンドのアクセスを提供するものをいいます。本サービスはhttp://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=600&p_org_id=70&lang=JA にて提供され、指名ユーザー単位でご利用可能であり、その有効期間は、お客様の注文書の発効日から90日とします。受講者は注文を行った国からコースを視聴しなければなりません。また演習環境が提供されるコースの場合、お客様の有効期間の中で連続した6日間を1回スケジュールすることができます。

TOD 単一タイトル(同時アクセスユーザー)」及び「TOD 複数タイトル(指名ユーザー)」とは、オラクルがホストするウェブ ベースの学習環境であり、TOD 単一タイトル(同時アクセスユーザー)とTOD 複数タイトル(指名ユーザー)のそれぞれのWebサイトにて利用可能な、個別のトレーニングコース、又はトレーニングコースの限定されたコンテンツのサブセットのいずれかに対する、オンデマンドでのアクセスを提供するものをいいます。サービスはhttp://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=600&get_params=pillar_id:0&p_org_id=70&lang=JAにて提供され、同時アクセスユーザー単位又は指名ユーザー単位でご利用可能であり、その有効期間は、お客様のご注文の発効日から90日とします。同時アクセスが適用される場合、同時アクセスユーザーの上限は25名までとなります。オラクルは、お客様のご注文の一環として(他のトレーニング・オンデマンドの条件に従って)、お客様のために調整したeLearning環境を提供することがあります。オラクルは、お客様のご注文の一環として(他のトレーニング・オンデマンドの条件に従って)、お客様のためにカスタマイズされたeLearning環境をストレージサイズ200MB以内で提供することがあります。

製品のラーニング・サブスクリプションは、以下を含む、特殊なサブスクリプションです:

Oracle Cloud ラーニング・サブスクリプション Complete Edition(CLS-CE):

CLS-CE とは、クラウドユーザーのためにクラウドの導入に重点を置いたビデオコンテンツおよびサービスを含み、TOD 経由のコンテンツも含むことできる、Web ベースの教材集、と定義します。コンテンツは、オラクルの設計者、サポート・エンジニア、コンサルタント、インストラクターおよび外部のインストラクターを含む各専門技術者により提供されます。CLS-CE は http://education.oracle.com/cloud にて提供され、お客様の注文、本規約及び「Oracle University Knowledge Center - ホスティング・アクセス・ポリシー」の条件に従い利用することができます。「Oracle University Knowledge Center - ホスティング・アクセス・ポリシー」は、http://www.oracle.com/jp/education/oukc/hosting-policies-172662-ja.html に掲載されており、オラクルは、お客様に通知することなく必要に応じて当該ポリシーを更新する場合があります。CLS-CE は、指名ユーザー単位でご利用可能であり、その有効期間は、お客様の注文書の発効日から1年間とします。指名ユーザーではない個人は、いかなる場合も CLS-CE を視聴することはできません。CLS-CE ご注文の際、最低限のシステム要件を満たすことはお客様の責任とします。CLS-CE のご注文はキャンセル、返金不可となります。オラクルのプログラムが対象サービスの一環としてダウンロード可能となった場合には、当該プログラムの利用には、本規約の条件が適用されます。お客様との契約におけるいかなる定めにもかかわらず、オラクルは Oracle Cloud ラーニング・サブスクリプション が中断やエラーがなく提供されることを保証しません。

Oracle Cloud ラーニング・サブスクリプション End User Edition(CLS-EU):

CLS-EU とは、エンドユーザー作業のための Web ベースの教材集、と定義します。CLS-EU には TOD は含まれません。CLS-EU は http://education.oracle.com/cloud にて提供され、お客様の注文、本規約及び「Oracle University Knowledge Center - ホスティング・アクセス・ポリシー」の条件に従い利用することができます。「Oracle University Knowledge Center - ホスティング・アクセス・ポリシー」は、http://www.oracle.com/jp/education/oukc/hosting-policies-172662-ja.html に掲載されており、オラクルは、お客様に通知することなく必要に応じて当該ポリシーを更新する場合があります。CLS-EU は、指名ユーザー単位もしくは社員単位でご利用可能であり、その有効期間は、お客様の注文書の発効日から1年間とします。指名ユーザーもしくは社員ではない個人は、いかなる場合も CLS-CE を視聴することはできません。CLS-EU をご注文の際、最低限のシステム要件を満たすことはお客様の責任とします。
CLS-EU のご注文はキャンセル、返金不可となります。オラクルのプログラムが対象サービスの一環としてダウンロード可能となった場合には、当該プログラムの利用には、本規約の条件が適用されます。お客様との契約におけるいかなる定めにもかかわらず、オラクルは Oracle Cloud ラーニング・サブスクリプション が中断やエラーがなく提供されることを保証しません。

Oracle アンリミテッド・ラーニング・サブスクリプション(ULS):

お客様の注文書の発効日から1年間のアクセス期間(又は、お客様の注文に明記されたその他のアクセス期間)にわたる、指定数の指名ユーザーを対象とした、Oracle ラーニング・ストリームおよび Oracle トレーニング・オンデマンド コンテンツへのサブスクリプションです。全ての OLS、Oracle トレーニング・オンデマンド、 ULS、CLS-CE および CLS-EU サブスクリプションは、次の「合理的な使用」や「セキュリティ」の対象となります:

合理的な使用:
トレーニング・オンデマンドの演習環境へのアクセスは月曜日から土曜日の連続した6日間使用できるものとします。任意の一時点において、単一の指名ユーザーに提供される演習環境は1つのみとします。オラクルは、お客様の同時アクセスが合理的な限度を超え、サービス提供を妨げる場合に、お客様によるアクセスを制限できる権利を留保します。お客様は、オラクルが送信する、システムで作成された有効化についての Email 通知より、サブスクリプション にアクセスすることができます。お客様は、オラクルによる サブスクリプション の提供が、以下の義務のすべてをお客様が履行することを前提とし、可能となることを了解します。
1. 必要に応じて、Voice-over-IP(VOIP)を使用できるようにすること
2. 対象サービスをサポートするため、適切に構成されたハードウェア及びオペレーティング・システムのプラットフォームを維持・管理すること
3. 対象サービスの開始までに、必要となるオラクル・プログラムに関して、別途契約に基づくライセンスを取得すること
4. 対象サービスの期間中、別途契約に基づくオラクル・プログラムに対するテクニカル・サポートを継続して受けること
5.サブスクリプションが有効化される際に、すべての指名ユーザーを規定通り特定すること
セキュリティ:
1. サブスクリプションは、お客様により雇用された特定の指名ユーザーのみを対象としています。当該指名ユーザー以外の者が 当該コンテンツを視聴することはできません。
2. サブスクリプションサービスは、当該サービスの有効化を行った国から視聴しなければなりません。
3. サブスクリプション コンテンツを許可なく録画、コピー又は送信することを固く禁じます。
オラクルは、独自の裁量で特定のOLS、TOD、ULS及びCLS教材を適宜アップデート、削除、又は修正する場合があります。

Oracle University Knowledge Center(OUKC)Service:

Oracle University Knowledge Center Serviceとは、オラクルがホスティングしているウェブベースの学習環境であり、個々のOracle Universityの研修コース(以下「オンライン・コース」といいます)、又はKnowledge Centerのウェブ サイトで利用可能なOracle Universityの研修コース(以下「パスポート」といいます)の全て(若しくは限定されたコンテンツのサブセット)のいずれかに対する、オンデマンドのアクセスを提供するものをいいます。現在、本サービスは限定的に提供しています。お客様との契約におけるいかなる定めにもかかわらず、オラクルは Oracle University Knowledge Center Service が中断やエラーがなく提供されることを保証しません。

電子的提供版 SSC:

Oracle University の SSC プログラムは、個別のタイトルごとに購入することができ、指名ユーザーごとに使用権を許諾されます。お客様に使用権が許諾されるタイトル及び数量は、お客様の注文書に記載されるものとし、お客様は、お客様の購入の条件に従ってコンテンツにアクセスすることのみが許可されます。SSC プログラムの使用権の対価には、1年間のサポートが含まれ、かかるサポートは、注文書の発効日をもって有効となります。かかるサポートを取得する際は、電子メール(https://education.oracle.com/jp/education/jp-email-172108-ja.html)又は電話(電話番号は、http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=225&p_org_id=70&lang=JAに記載されています)にてオラクルに連絡してください。 オラクルは、お客様の注文書に記載されているSSCプログラムを、お客様が http://edelivery.oracle.com にある電子デリバリ用のウェブサイトからダウンロードできるようにしています。なお、全てのプログラムが、全てのハードウェアとオペレーティング・システムの組み合わせで利用可能とは限らないことをご承知おきください。最新のプログラムが利用可能かどうかを調べるには、上記の電子デリバリ用ウェブサイトをご確認ください。お客様は、お客様の注文書に記載されているSSCプログラムについて、ダウンロード又はその他の方法によるオラクルの納品義務は、上記が全てであることを認めます。お客様は、SSCソフトウェアのインストールについて責任を負います。

Oracle University 定額制製品:

オラクルは、お客様のご注文の一環として、定額制製品(UAS Toolkit 及び/又は UAS Courseware 教材から構成されます)を提供する場合があります。オラクルは、本規約において明示的に許諾されている権利を除き、それらの教材に対する全ての権利、権原及び利益を保有します。定額制製品は、使用許諾されるものであり、販売されるものではなく、従って、キャンセル及び返金不可となります。定額制製品は、提供時に利用可能なバージョンに対して使用権許諾されます。使用権許諾された教材のアップデートは、当該アップデートに必要な工数のレベルに従って見積もられる追加料金の対象となります。定額制製品はオラクルの機密情報と見なされます。
UAS Toolskit とは、カスタマイズ可能なコース教材製品です。オラクルがお客様に代わってコンテンツをカスタマイズする場合には、追加料金が適用されます。
UAS Courseware とは、カスタマイズされないコース教材製品で、エンドユーザー向けとして使用され、変更が加えられることなく、「現状有姿」のまま受講者に提供されます。
オラクルにより、オンライン環境を経由して教材が提供される場合を除き、お客様は、定額制製品のインストール及び運用について責任を負います。定額制製品は、お客様の該当する注文書に記載された最大使用制限数に従ってのみアクセス及び使用することができます(複製できる数、同時アクセスユーザー数、個人ユーザー数など)。お客様の注文書に記載された最大使用制限数に従い、お客様の内部業務処理のみを目的として、お客様の外部委託業者やコンサルタントは、定額制製品にアクセス及び使用することができます。ただし、本項に明記する条件をそれらの第三者が遵守することについて、お客様が責任を負うことを条件とします。手数料、税金および費用の項にあるとおり、お客様には定額制製品が出荷、電子的に提供またはダウンロード可能になった時点で課金または請求がなされます。コンテンツにオラクルの教材が含まれる場合を除き、お客様自身またはお客様に代わって、定額制製品に、登録、入力またはアップロードされたすべての有形コンテンツは、お客様の資産となります。お客様は、お客様の注文書に定める制限に従って、かつ、お客様の内部使用のみを目的として、定額制製品を変更したり組み合わせたりすることが可能です。ただし、お客様が、お客様が作成したオラクルの教材の派生物に対するすべての権利、権原および利益をオラクルに譲渡することを条件とします。

UAS Framework Services:

UAS Fremwork Services は、Oracle University Fixed Price サービスとして提供される、限定的な規模のサービスです。UAS Framework プロジェクトは、上限を15人日までとする、以下に規定する人日タイプの任意の組み合わせが可能です。「1人日」は、1人が1日に8時間を上限として稼動することと定義します。
UAS カスタマイズ作業費とは、顧客のビジネス・ニーズに合わせて事前構築済み(初期)コンテンツをカスタマイズするための人日のことです。ILT(集合研修)イベントの前後における実施指導と助言による支援に対する費用なども含まれます。
UAS 開発作業費とは、顧客のビジネス・ニーズ固有のコンテンツを準備するための人日タイプです。UPK またはその他のツールを使用してコンテンツを作成するカスタム開発が含まれる場合があります。UAS 開発作業費には、対象者の分析やトレーニング戦略など、事前に定義された成果物の開発に対する費用なども含まれます。
UAS 管理作業費とは、顧客のビジネス・ニーズに合わせたプログラム開発の管理作業のための人日タイプです。短期間契約でハイエンド-UPK-研修特典サービス向けのトレーニングまたは導入サービス・プロジェクト管理が含まれる場合があります(また、そうである必要があります)。

UAS Framework Services: お客様の義務。

お客様は、Framework Servicesの履行において、オフィス設備、施設、機器、支援、協力、お客様の役員/代理人および従業員等からの完全かつ正確な情報およびデータ、ならびに適切に構成されたコンピュータ機器が、お客様により適時に提供および入手(「協力」と総称)されることが必要不可欠であることに同意します。オラクルは、お客様が完全な協力を提供できなかったためにサービスを履行できなかった場合、かかる不履行に対する責任を負いません。
お客様は、オラクルによる当該サービスの履行および評価関連は、以下に挙げるプロジェクトの前提条件、およびお客様が以下に挙げる義務を履行することにより、可能となることに同意します。
* サービスをサポートする、適切に構成されたハードウェアおよびオペレーティング・システム・プラットフォ ームを維持する。
* サービス開始に先立ち、UAS Toolkitまたは個別契約に基づいて必要となるソフトウェア(MS Office、Captivateなど)およびハードウェア・プログラムのライセンスを取得する。
* サービスの全提供期間を通じ、個別契約によりオラクル・ソフトウェアおよびハードウェアの年間テクニカル・サポートを維持する。
* カリキュラム作成時およびトレーニング提供期間において、トレーニング・データベースとトレーニング・データを提供および維持する。
* UAS Toolkit 教材複製の際の責任を負う。
* UAS Toolkit 資料複製の際の責任を負う。
* 両当事者が書面により別途合意した場合を除き、トレーニング後の第1レベルのサポート(ヘルプ・デスク、操作など)について責任を負う。
* メディア・ベースのトレーニング、シミュレーション、または視覚資料をお客様の学習管理に組み込む。
お客様の注文に明記されたメディア・ベースのトレーニングをお客様が組み込むことに関連して、オラクルからお客様にサービスが提供されることをお客様が希望する場合、かかるサービスは、個別注文に従ってオラクルから別途提供を受けることができます。
オラクルがコンピュータ・ベースのシミュレーションまたはトレーニング用コースウェアの機能をテストおよび検証するため使用できるように、お客様は現在使用中の学習管理システム・ソフトウェアの正式なコピーをオラクルに提供するものとします。
* サービスの履行を支援するために、関連した機能面、技術面、およびビジネス面で適切なスキルと知識を備えた要員に対し、オラクルが完全にアクセスできるようにする。
* お客様の敷地内でサービスを提供するすべてのオラクルの要員に対し、安全で健全な作業空間を提供する(例:死亡や深刻な身体的危害の原因となる、またはなりうる既知の危険が存在しない作業空間。適切な換気、作業空間でサービスを履行する要員が許容できる騒音レベル、人間工学的に適切な作業場所など)。
* オラクルによるサービスの履行にあたり必要となる通知を提供するとともに、同意を得る。
*本番環境または共有開発環境に対するオラクルのアクセスを、オラクルによるサービスの履行に必要な範囲内に制限する。
* サービスに必要なサーバー、オペレーティング・システム(「OS」)、リレーショナル・データベース管理システム(「RDBMS」)を含む、開発、テスト、本番、およびトレーニング環境を提供および維持する。お客様は、オラクルの仕様に従って、ターゲット・アプリケーション・サーバーおよびデータベース・サーバーをハウジングするために、必要なコンピュータ・サーバー装置および管理サポート(「トレーニング環境」)を提供するものとする。これらのサーバーは、お客様が提供および管理するネットワークを介してオラクルがアクセス可能であるものとします。また、各プロジェクト・チーム・メンバーに対し、お客様は、トレーニング環境の一部として接続されているWindows NT 4.0 以降のバージョンを搭載したワークステーションを提供するものとします。
* すべてのトレーニング提供イベントに対し、十分なスペースとテクノロジーとを備えたクラスルームを準備する
* プロジェクトの期間中、サービスを提供する各要員に対し、トレーニング・サービスの準備と提供に使用されるターゲット・アプリケーションのコンフィグレーションを含むシステムを提供する。
* プロジェクトにおいて使用できる適切なノート PC を提供および維持する。

UAS Framework Services: その他の条件。

お客様はオラクルから、UAS ToolkitファイルをFTPサイトまたはワークスペースからダウンロードできることを通知する電子メールを受け取ります。ダウンロード手順は電子メールに記載されています。 お客様によるダウンロードがうまくいかない場合、お客様はただちにオラクルに通知する必要があります。お客様は、かかる電子メールを出荷日(請求日)としてお考えください。UAS Framework Services受領時に、お客様は署名入りの受領フォームをオラクルに提出するものとします。お客様よりかかる受領フォームが3日以内に提出されない場合、かかるサービスはお客様により受領されたとものと見なされます。疑義が生じないよう明記しますが、UAS Framework Servicesの料金は人日の提供ベースであり、成果物ベースではありません。オラクルがコースの取消又は予定変更を行った場合は、お客様に対して料金の請求はされません。オラクルは、Oracle Universityがコースの取消又は予定変更を行った場合にお客様に生じる旅費や宿泊費に対し、責任を負いません。お客様は、受講予定の研修について変更がある場合には、可能な限り早くその旨をオラクルに連絡してください。コースの受講の取消又はその予定の変更は、営業時間内にお電話にてオラクルまでご連絡ください。なお、取消又は変更を確定するためには、その後確認のためにお送りする電子メールにてご同意が必要となります。

【Oracle University コールセンター】E-Mail: ouadm_jp@oracle.com、TEL: 0120-155-092
【受付時間】9:00-12:00、13:00-17:00 (土日、祝日は除く)

UAS Frameworkサービス
UAS Frameworkサービス開始予定日の14日前までに、登録の取消又は日程変更をした場合 コース受講料の請求なし
コース開始前13日以内に、日程を変更した場合 コース受講料の50%を請求
コース開始前13日以内に、登録を取り消した場合 コース受講料の50%を請求

最初へ戻る


オラクル認定資格に関する追加条項:

ePractice(オンライン問題集):

オラクルは、受験者の試験準備を支援するために、限られた数のePractice(オンライン問題集)を提供しています。ePracticeを購入後、お客様は電子メールにてアクティベーション・キーコード(注文キー)を受領し、その電子メールには、お客様のアカウントの設定及びアクティベーション・キーコード(注文キー)の使用のための手順、並びにテクニカルサポート情報が記載されています。購入をもって、受験者は、利用可能な ePractice の一つについて、指名ユーザーベースの、30日間又は12ヶ月間のアクセス権が与えられます。当該指名ユーザーの利用権を他の方へ転用することはできません。なお、当該利用権の有効期間である180日とは、ログイン時から開始するのではなく、アクティベーション・キーコード(注文キー)を送付する電子メールに記載されている日付から開始となりますのでご注意ください。ePracticeは、受験の準備目的のために提供される問題集であり、これにより認定を得られるものではありません。

受験チケット(認定試験受験チケット):

受験チケットは、弊社および弊社認定の再販パートナーにて、購入可能です。オラクル認定資格試験の受験料のお支払いには、受験チケットをご利用になれます。受験チケットとは、試験会場のシステムにチケット番号を入力することで受験が可能になる電子チケットです。弊社認定ではない第三者から購入した受験チケットは使用できません。そのような受験チケットを使用された場合は、認定資格およびそれに付随する権利の取り消し等の措置をとる権利をオラクルは有します。

受験チケットは (i) 1回限り有効です。 1つのチケット番号で、認定試験会場で開催される弊社資格認定試験を1回、受験していただけます。 (ii) 有効期限以降は無効です。 (iii) 改ざんや何らかの加工がなされたものは無効です。 (iv) ご購入後のキャンセルはできません。また、換金・返金・保証金などの対象にはなりません。(v) 弊社認定の再販パートナーを除き、原則 ご購入者のご使用に限ります(*)。
(*)ご購入者とはご注文の際の会社または個人の単位です。 弊社と弊社認定再販パートナー、及び認定試験会場のいずれも、受験チケットの紛失や盗難に関し、その責を負いません。 表記されている有効期限以内にお申込みかつご受験ください。(チケットの有効期限は申込日ではなく、受験日の期限となっています)有効期限の延長は、一切できません。

受験チケットは、弊社および弊社認定の再販パートナーにて、購入可能 です。オラクルおよびテスト配信会社であるピアソンVUEでは、弊社認定ではない第三者から購入した受験チケットの信頼性については保障しません。 偽造された受験チケットを入手し使用した場合、または弊社認定ではない第三者から受験チケットを入手した場合には、 受験資格の剥奪や認定資格およびそれに付随する権利の取り消し等の措置をとる権利をオラクルは有します。オラクルは、偽造された受験チケットまたは弊社認 定ではない第三者から入手した受験チケットについては、補償しません。

ORACLE MASTER Platinum (OCM) 試験:

OCM試験は、経験豊かで資格を与えられた受験者だけを対象とする厳しい試験です。受験者は、OCMレベル試験をお申込みの前に資格ウェブサイトに掲載されている受験に必要な試験資格と要履修コース条件を十分に確認することに同意します。OCM試験は2日間に渡ります。OCM試験の費用は返金不可で、受験者は2日目に参加できないとしても返金はされません。試験はOracle University専用の教室にて、厳正かつ公正に行われます。試験実施にあたっては、専門のトレーニングを受けた試験監督がスキルセット配布や試験監督を担当します。試験監督は試験の採点は行わず、採点情報も閲覧できません。全スキルセットには制限時間があり、各スキルセットごとに採点基準が設定されています。各スキルセットには、受験者が達成すべき明確なエンドステートがあります。受験者は、OCM試験中において、私物の書類やメモなどを使用したり、他の受験者と協力することはできません。OCM教室内で、携帯電話、ポケットベル、携帯用コンピュータ、その他電子機器を使用することはできません。受験者は、OCM試験中、各自のデスクトップ上でメモ(電子データ)をとることは可能です。受験者は、オラクル認定資格受験者全てに対し適用されるガイドラインに、同意する必要があります。これらのガイドラインは、ORACLE CERTIFICATION PROGRAM受験契約書に記載されています。OCM試験の内容を漏えいした場合、オラクルの不正行為に関するポリシーに違反したこととなり、その個人のオラクル認定資格の取り消しをする場合があります。

オラクルの不正行為に関するポリシー:

オラクルは、次のような不正行為に対して対抗措置をとる権利を有します。

オラクルはそれ単独で不正行為かどうかの判断を行い、不正行為であると判断した場合、合格した試験結果の取り消し、既存の認定資格およびそれに付随するその他の権利の取り消し、Oracle Certification Programへの参加を永久に禁止することおよび法的措置を含む、但しそれに制限されない何らかの措置をとる権利を有します。不正行為が発覚した場合、いかなる場合も、受験料の返却はいたしません。

受験前に必ず、ORACLE CERTIFICATION PROGRAM 受験契約書 を確認し、諸条件をご理解の上、遵守することに同意してください。

最初へ戻る