Oracle Airline Data Model

製品説明

Oracle Airline Data Modelは、業界に特化した標準ベースの事前構築済みデータウェアハウス・データベース・スキーマで、関連する分析モデルとダッシュボードを備えています。航空分野におけるオラクルの確固たる専門知識と、データウェアハウスに関する深い専門知識を活用し、Oracle Airline Data Modelは、最新かつ適切な基本スキーマをトピックごとに提供し、LCCや従来の航空会社の乗客データ管理に関する主要なニーズに対応します。

Oracle Airline Data Modelを使用すれば、航空会社は、予約や販売、運用、ロイヤルティ、財務など、重要な領域のデータをより簡単に収集して分析できます。高度な傾向分析機能やデータマイニング機能をシステムに組み込み、航空業界特有のビジネスの問題に重点を置くことにより、Oracle Airline Data Modelは航空業界のデータを、洞察に富み、意思決定に役立つ情報へと変換します。

Oracle Airline Data Modelは、あらゆるアプリケーション環境で使用でき、簡単に拡張できます。事前構築済みのデータマイニング、オンライン分析処理(OLAP)、ディメンションモデルの組合せで、航空データウェアハウスの設計と実装が容易になり、データウェアハウスやビジネス・インテリジェンス・プロジェクトのROIを短期間でプラスにすることができます。

おもな機能

  • 370を超える表と8,500以上の属性
  • 250を超える業界特有の測定結果と重要業績評価指標(KPI)
  • 事前構築済みのOLAPキューブにより、ビジネス情報をきわめて高速に次元分析
  • 高度な傾向分析や予測分析用にデータマイニング・モデルを組み込み済み
  • 既存の航空業界の標準に準拠

おもな特長

  • 顧客を効果的に細分化し、顧客エクスペリエンスを向上させる洞察を導出
  • マーケティング投資のROI向上とロイヤルティの向上
  • 実装リスクの低減
  • データウェアハウスの性能の最大化
  • 従来のシステムに格納されている乗客データの活用