廃棄物管理事業向けアプリケーション

廃棄物管理事業にオラクルが選ばれる理由

都市および郊外から不要な廃棄物やリサイクル資源を取り除く作業は、終わりの見えない大きな課題となっています。オラクルは、この作業を迅速かつ効率的に処理できるよう、地方自治体と廃棄物管理会社を支援します。

水道と廃棄物を同じ部署で担当している地方自治体では、オラクルの水道事業向けソリューションが廃棄物管理にも適用できることが認識されてきました。

独立系の廃棄物管理事業者や地方自治体の廃棄物管理専門部署については、そのニーズを反映した追加のソリューションも提供されています。

業務計画および実行の最適化

競合上の優位を保つには、積極的な業務管理戦略が必要です。Oracle Maintenance ManagementOracle ProjectsOracle Supply Chain Planningのシームレスな連携によって、メンテナンスの履歴、業績傾向、運用状況といった業務データを監視することができ、それらの情報を利用して在庫や設備、熟練従業員などのリソースを積極的に管理することができます。資産の破損や計画外停止時間の軽減、資産利用率の改善、資産管理コストの削減、労働計画や人材割当ての最適化、規制遵守状況の改善など、多くのメリットを享受できます。

フィールドサービス業務の合理化

フィールド業務は利益率に大きく影響します。平時のルートでは、所要時間と燃料消費を最小化する必要があります。交通条件が変化した場合、クルーの交代が必要な場合、緊急事態が発生した場合、そして顧客に問題がある場合にも、平時と同様の効率を達成できる必要があります。オラクルのサービス最適化ソリューションにより、迅速、正確、最適な労働計画やフィールド人材管理を実現できます。廃棄物管理会社はOracle Field Serviceを使用することもできます。これにより現場の技術者は、サービス契約から在庫レベルまで、一貫して正確かつ対応可能な情報を活用できます。フィールドサービス業務の効率を改善することで、コスト削減、修繕品質とサービスの向上、対応と問題解決の時間短縮などが実現します。

顧客対応と問題解決の改善

Oracle Utilities Customer Care and Billingは、正確な請求書、コンタクトセンターのサポート、顧客とのコミュニケーションの促進、クレジットおよび回収の管理に加えて、スタッフによる新規プログラムやビジネスプロセスの開発をサポートする豊富な顧客情報を提供することで、水道事業者と顧客との関係を支えます。

廃棄物のロジスティクスと処理の統合

実績のあるテクノロジーと包括的なアプリケーションに基づいて、廃棄物のロジスティクスと処理を統合します。そのために、サプライチェーンと顧客サービス業務の合理化、業務のスケジュールと割当ての最適化、顧客との対話履歴の完全な把握、顧客セルフサービスの実現をおこないます。