水道事業向けアプリケーション

水道事業にオラクルが選ばれる理由

オラクルは、水道事業者が現在直面している次のような課題の解決を支援します。

  • 顧客およびコミュニティによる節水の支援
  • 妥当な価格レベルで水の供給を維持
  • 劣化が進むインフラの再構築

オラクルは水道事業者と顧客をリンク

Oracle Utilities Customer Care and Billingは、正確な請求書、コンタクトセンターのサポート、顧客とのコミュニケーションの促進、クレジットおよび回収の管理に加えて、スタッフによる新規プログラムやビジネスプロセスの開発をサポートする豊富な顧客情報を提供することで、水道事業者と顧客との関係を支えます。

Oracle Utilities Rate Managementを使用して、適切な営業収入と資本投資のための資金の確保を可能にする妥当な料金を算定できます。また、Oracle Self-Serviceを使用して、インターネットによる顧客との連絡を促進、保護できます。

オラクルは保護プログラムのリーダー

毎日の検診や定期的な検針などの革新が必要になった場合は、Oracle Utilities Meter Data Managementを使用して、データを管理し、その価値を最大化する新しいビジネスプロセスを開発できます。

オラクルは資産の稼動率を維持

Oracle Utilities Work and Asset ManagementOracle Enterprise Asset Management(Oracle E-Business Suiteの一部)、オラクルのPrimavera製品など、オラクルの資産管理アプリケーションを選択することで、プラントや線形資産の設置、維持、置換をきわめて効果的に実施できます。

インテリジェントな公益事業のためのオラクル

情報の収集や分析、計画が必要になった場合は、オラクルのビジネス・インテリジェント・パッケージの豊富な品揃えをご利用ください。Oracle Utilities Business Intelligenceは、公益事業独自のアプリケーションの業務データを収集、分析し、結果をポータルに表示します。これにより、エクゼクティブやその他のユーザーは、活動をモニターし、問題が発生する前に問題を解消して、さまざまなwhat-if形式の質問を投げかけることができます。オラクルのHyperion Enterprise Performance Management製品が財務分析分野のリーダーであることに異論はないでしょう。さらに、Oracle Business Intelligence Enterprise Editionは、新しい観点から組織全体の理解を促進し、組織の成功を最大化します。