JD Edwards EnterpriseOne Advanced Real Estate Forecasting

オラクルのJD Edwards EnterpriseOne Advanced Real Estate Forecastingは、取引、予算化、および予測処理を統合する拡張性の高いWebベースのソリューションです。資産管理者はこのソリューションによって、構成単位、所有資産、およびポートフォリオレベルでの正確で最新の予測を迅速かつ効率的に作成することが可能になります。

JD Edwards Advanced Real Estate Forecastingは、オラクルのJD Edwards EnterpriseOne Asset Lifecycle Managementアプリケーション・ファミリーの一部です。

特長

  • 効率性、精度、データ整合性の改善: すべての既存の資産情報(リース、空室率、再請求情報など)を自動的に取得し、予測、予算、評価に必要な時間を大幅に短縮します。
  • 複数のWhat-Ifシナリオによる収益性の改善: さまざまなパターンに基づいた最大1,000件の予算バージョンでwhat-if分析を実行し、最大15年先の資産額を予測します。
  • 生産性の向上: 予算の計画・予測に対応するワークスペースを活用することにより、資産の構成やルール、成長パターン、条件、新規単位の追加を迅速に処理します。
  • 時間の節約: 複数単位・指標(条件、費用分配、販売過多、ルール)に対してのルールをグローバルに適用します。
  • 継続的な精度の向上: 元情報を保持しながら、新規予算(設定情報および予算額)の改訂・作成をおこなえます。
  • コラボレーションの強化: 統合された単一の共通データベース上の情報を、Webを介して共有します。
  • 意思決定の改善: さまざまな予算報告書(予算計算監査レポート、入力条件レポートなど)を作成し、企業のあらゆるレベルにおいて、より多くの情報に基づいた意思決定を可能にします。