Agile Product Lifecycle Management for Process

Agile Product Lifecycle Management for Process(Agile PLM for Process)は、開発期間の短縮、売上げの促進、コストの低減、そして新技術開発に関連するリスクの低減に役立ちます。これは、新製品の開発をあらゆる側面から管理するための統合されたソリューションです(製品/ポートフォリオ管理、仕入先管理、配合/BOM管理、梱包/ラベリング管理、コンプライアンス/品質管理、データ連携など)。

新製品開発にはさまざまな人員とプロセス、データが関与するため、プロセスの管理がきわめて困難になります。つまり、新製品開発チームのメンバーによって使用される情報に不整合が生じたり、システム間の接続性が失われたり、承認プロセスを手作業でおこなわなければならなくなるなどして、業務機能間の連携が阻害され、製品開発プロセスが非効率になるとともに、他の新製品プロジェクト(現行および過去のもの)への可視性も失われます。このような問題を解決するには、統合されたコラボラティブな開発フレームワークを実装する必要があります。そうすることで、製品/パッケージングの開発サイクルが迅速化されるだけでなく、売上/利益の向上、コストの低減、および品質の改善も促進され、結果として、顧客ニーズに対応し、法規制を遵守した製品を提供できるようになります。

特長

  • Agile New Product Development and Introduction ― マルチステージのコラボラティブ・プロジェクトやポートフォリオを管理するためのソリューションです。これにより、企業は製品の開発や導入を円滑化/迅速化することができ、ひいては、売上/利益の改善、新製品開発によるメリットの向上、開発コストの低減、生産性の改善も促進できます。
  • Agile Product Data Management ― 製品や仕入先に関するすべてのデータを、すべての言語や文化にわたって共通の一元化されたデータとして管理できます。これによってグローバルな可視性とトレーサビリティが確保されるため、変更管理の改善や、コストの低減、生産性の改善、コンプライアンス/品質/安全性の強化が期待できます。
  • Agile Formulation and Compliance ― 実験用の配合、コンプライアンス、品質、ラベリング、栄養成分などを管理できます。これにより、新製品の導入を迅速化するとともに、コンプライアンス/品質の強化、ラベリングの改善、コストの低減を促進できます。
  • Agile Product Supplier Collaboration ― 仕入先とコラボレーションし、複数階層の仕入先ネットワークにおける調達関係を効果的に管理できます。これにより、可視性の向上、調達戦略の改善、コラボレーションの改善、コンプライアンスの強化、コストの低減を実現できます。

特長

Agile製品の詳細については、次のお問い合わせ窓口までご連絡ください。