Asset Tracking

Oracle Asset Trackingは、資本集約型企業における分散された資産のトレース、可視化、制御を可能とする資産のライフサイクル管理アプリケーションです。Oracle Asset Trackingを使用すると、資産の運用上、および物理的なイベントと財務上の更新が自動的に同期され、資産の稼動率、そして投資対効果を最大化することができます。

Oracle E-Business Suiteの一部であるOracle Asset Trackingは、他の製品との緊密な統合を可能とし、包括的で信頼性が高く、効率的な資産のライフサイクル・トレース・アプリケーションを実現します。この全社的な統合により、TCOを削減しながら、企業資産に関する一元管理された正確な情報を把握することができます。

特長

  • グローバル資産リポジトリによる資産の可視性の向上:Oracle Asset Trackingをオラクルのその他の運用および財務管理製品と統合すると、完全な取引監査証跡とともに、包括的で信頼性が高く、効率的な資産のライフサイクル・トレース・アプリケーションが実現されます。
  • 資産情報の作成および更新の合理化:Oracle Asset Trackingは、Oracle Assetsとの統合および同期を可能にします。この統合により、一括追加、原価更新、資産の移動が自動化されるため、物理的な追跡だけでなく、財務の精度を保つために必要となるマニュアル操作の削減が可能です。
  • 資産の配置:1つのトランザクションで、複数の資産のすべてまたは一部をさまざまな場所に配置できます。あるいは、単一の特定資産のみ配置することも可能です。Oracle Asset Trackingでは、セルフサービスにより資産の設置、サービスの開始・停止、あるいは資産の移動などを実施できます。
  • 社内受注による資産移動:Oracle Asset Trackingでは、社内の組織間におけるすべての資産移動がサポートされています。組織間での資産移動や社内受注など、さまざまな業務トランザクションにより資産を移動できます。
  • Oracle Enterprise Asset Management(eAM)統合:資産を効率的に管理するには、資産のメンテナンス履歴が必要です。グローバル資産リポジトリと統合することにより、Oracle Asset Trackingによる資産のトレースと、Oracle Enterprise Asset Managementによるメンテナンス管理が同時におこなわれます。