Oracle Advanced Collections

Oracle Advanced Collectionsは、バックオフィスの取引データとフロントオフィスの顧客管理プロセスとの差異を解消し、回収担当者の生産性および回収成果を高める機能を提供します。 合理化されたプロセスにより、適切な回収戦略を適切な顧客に適用し、少ない労力でより多くの未収金を迅速に回収できるようになります。

Oracle E-Business Suite全体との連携による価値の拡大
Oracle Advanced Collectionsは、他のOracle E-Business Suite製品とシームレスに連携するため、最小限のコストでよりよい意思決定、持続可能な財務規律の確立、法規制のコンプライアンス、ビジネス・プロセスの最適化を促進します。

特長

  • 顧客情報の正確な把握
    債務不履行、約束の不履行、割り当てられたタスク、戦略関連のアクションにかかわるデータを自動的に追跡し、適切な回収担当者に配信します。
  • 回収成果の向上
    回収プロセスを効率的に管理するために、顧客、アカウント、請求先、不履行の各レベル(またはその組合せ)でアカウントのスコア付けと戦略を実行できます。 設定可能な督促計画も利用可能です。
  • 回収プロセスの合理化
    さまざまな機能により、円滑で効率的な回収プロセスを実現します。 たとえば、回収担当者は一連の請求書に対して「Mass Promises」を作成できます。 また、Oracle iReceivablesなどの関連製品を使用して、請求書の支払いや印刷、問合せをオンラインでおこなうためのセルフサービス・ツールを提供します。