Oracle Advanced Planning Command Center

サプライチェーンの重要なパフォーマンス指標を簡単にアクセスすることができますか。詳細なプランニング・アプリケーションのもととなるデータにリアルタイムでアクセスできますか。サプライチェーン上の意思決定をおこなうために、何通りものビジネスシナリオをシミュレーションできる体系立ったプロセスが必要ですか。Oracle Advanced Planning Command Centerは、意思決定者のための包括的なソリューションで、サプライチェーンに関する業務上、戦術上および戦略上の計画の強力な分析機能、堅牢なシナリオのモデル化と管理機能、ビジネスプロセスの自動実行機能を提供します。

重要な意思決定者として、何種類ものビジネスシナリオを迅速に比較し、その実行方法を立案して、事業目標を達成するうえで必要となるトレードオフを判断することができます。Oracle Advanced Planning Command Centerは、組込みのダッシュボード、レポート、パフォーマンス評価指標、ファクト、階層、アラート、コンテキストに応じたドリルダウンなどの意思決定をサポートするための優れた機能を提供し、複雑なツールや操作方法をマスターすることなくサプライチェーンの価値を高めることができます。

機能と特長

  • リアルタイムなビジネス洞察力に基づきサプライチェーンに関する意思決定を実行
    重要な意思決定者は、エグゼクティブへの報告やサプライチェーンの状態を監視するために、スプレッドシートやEメール、単純化されたプレゼンテーションなどに頼る場合が珍しくありません。しかし、詳細なプランニングデータを抽出して判断に必要な指標へと変換するには時間がかかるため、このような情報は最新ではないのが一般的です。Oracle Advanced Planning Command Centerは、強力なシナリオ管理機能、事前設定済みの分析機能、プロセス自動化機能でプランニングプロセスを合理化することにより、この問題を解決します。
  • 主要な意思決定者のためのビジネスシナリオ・プランニング
    サプライチェーンに関して最善の意思決定をおこなうためには、多くの場合、何通りかのビジネス戦略の比較が必要になります。Oracle Advanced Planning Command Centerを使用すれば、そのような戦略ごとの複数のシナリオを簡単に定義できます。コンセンサス予測の策定や供給計画の実行など、シナリオ内の各要素を実行するタスクを各担当者に割り当て、関連する関係者のコラボレーションを実現することができます。背景情報を表すドキュメントや、タスク実施の理由と方法を説明する関連ドキュメントなども添付できます。シナリオタスクの完了後は、需要計画、供給計画にリンクしたサプライチェーン指標として、結果を統一的で一貫性のあるフォーマットで分析することができます。
  • 分析とプランニングの間をシームレスに移動
    サプライチェーン計画の問題に対して、根本原因分析を実行する際には、きわめて詳細なプランニング情報を、特定のビジネスシナリオの問題を即座に捉えるパフォーマンス指標に変換できなければなりません。Oracle Advanced Planning Command Centerでは、事前定義済みのダッシュボードとレポートを通じて、需要と供給の傾向や指標をハイレベルで分析し、任意の領域へドリルダウンして、問題の根本原因を分析することができます。強力なプランニング・ワークベンチにもシームレスにドリルダウンできるので、解決すべき問題の状態を考慮したうえで、想定される解決方法のシミュレーションや、アクションの実施が可能です。
  • シナリオ実行にプロセスの自動化を活用
    Oracle Advanced Planning Command Centerは、需要計画、在庫最適化計画、Sales & Operations Planning、ネットワーク設計計画、供給計画などの計画アプリケーションからサプライチェーンの計画データを取得する際にWebサービスを利用します。Webサービスベースのアプローチにより、Oracle Advanced Planning Command Centerは他のアプリケーションとの統合を通した多岐にわたる機能面でのオペレーションの改善をサポートします。これは異なるアプリケーションが数多く存在する環境でも同じです。