Advanced Inbound Telephony

Oracle Advanced Inbound Telephonyは、すべての主要な電話システムを統合し、先進のCTIミドルウェアをサポートします。 その結果顧客対応センターでは、インテリジェントなルーティングやキューイングをはじめとする重要な機能がサポートされます。 また、CRMアプリケーションとの統合により、エージェントは一貫性をもって顧客に対応できるようになります。 ビジネス上の利点としては、顧客満足度の向上やエージェントの生産性向上、コールの適切なルーティングによるコスト削減などが挙げられます。

顧客対応プロセスの統合と合理化
Oracle Advanced Inbound TelephonyはOracle Interaction Centerの一部であり、Advanced Outbound TelephonyScriptingをはじめとする他のInteraction Centerアプリケーションとシームレスに連携します。

特長

  • シームレスな連携
    ネイティブCTIサポート、IVR連携、さまざまなスイッチおよびCTIミドルウェアのサポート
  • 最重要顧客の優先順位付け
    どのチャネルからでも、最重要顧客の対応を最優先
  • 高度なキューイング機能の活用
    高度な取扱が必要なコールの適切なルーティングや、オーバーフロー、グループ・キューイングを実行
  • Oracle CRMとの連携
    TeleSales、TeleService、iStore、その他のOracle CRMアプリケーションとの連携によりシームレスな顧客対応を実現
  • パフォーマンスの測定
    Webベースの分析ツールでコンタクト・センターのパフォーマンスを管理