Advanced Outbound Telephony

Oracle Advanced Outbound Telephonyは、リスト管理やプレディクティブ・ダイヤリングなどのツールにより、アウトバウンド・コール・キャンペーンの実施を支援します。 また、キャンペーン・パフォーマンスのデータをリアルタイムで取得できるので、より適切な意思決定をおこなうことができます。 ビジネス上の利点としては、発信リストの充実やエージェントの生産性向上などが挙げられます。

顧客対応プロセスの統合と合理化
Oracle Advanced Outbound TelephonyはOracle Interaction Centerの一部であり、Advanced Inbound TelephonyScriptingをはじめとする他のInteraction Centerアプリケーションとシームレスに連携します。

機能と特長

  • 成功率の最大化
    リストのサブセットを動的に作成し、優先順位付けを実行。 キャンペーン・カレンダーに有効なコール時間をセット
  • プレディクティブ・ダイアリングの活用
    エージェントが顧客対応に専念できるよう、接続されていないコールを事前にスクリーニング
  • 複数のダイアル・モードのサポート
    エージェントはプレビュー・ダイアル、プログレッシブ・ダイアル、プレディクティブ・ダイアル、マニュアル・ダイアルを使用可能
  • 高度なコール・リサイクル機能
    応答なし(RNA:Ring No Answer)、話し中、留守番電話応答、SITトーン応答(Situation Informational Tone)、モデム、ファックス応答などのコンタクト失敗を適宜処理
  • コンプライアンスの確保
    TCPA(Telephone Consumers Protection Act)を遵守するための「コンタクト不可」フィルタリングのサポート