Oracle Inventory Management

Oracle Inventory Managementは、在庫の可視性を向上し、在庫レベルを削減して在庫オペレーションを制御することができます。各部門とライフサイクルの各段階にあるすべての資材を単一のシステムで追跡できるため、透明性が高くなり、各拠点で余剰在庫を抱える必要性も少なくなり、在庫の有無さえ不明だった場所における在庫確認が可能となります。

Oracle Inventory ManagementはOracle Value Chain Executionソリューションの一部であり、Oracle Warehouse Management、Oracle Mobile Supply Chainアプリケーション、Oracle Order Management、Oracle Purchasing、Oracle Discrete Manufacturing、Oracle Process Manufacturing、Oracle Cost Managementといった他のSupply Chain Managementアプリケーションとシームレスに統合されます。

特長

  • 在庫の可視性を向上
    Oracle Inventory Managementでは、分散していた在庫追跡および在庫管理システムをグローバルな在庫管理ソリューションに統合し、製品あるいは生産ライフサイクルのあらゆる段階における資材と、さまざまなビジネス用途に対応させます。生産業者や流通業者にとって、この可視性は現在庫に限ったものではなく、調達先や利用箇所の分析といったグローバルな追跡情報も含むものです。
  • 在庫レベルの削減
    Oracle Inventory Managementには、在庫レベルを削減するためのさまざまなツールが用意されています。在庫レベルが高精度になり補充が効率的になれば、必要な安全在庫は低水準で済みます。予防的な例外管理により、欠品や品質の問題、コスト高となる緊急発送が必要となる受注に対しても適切な対応が可能となります。
  • マルチモードの在庫オペレーションの管理
    Oracle Inventory Managementは、製造センターや配送センター、修理倉庫、補修部品倉庫、その他の部品保管施設など、どのような在庫保管形態であっても対応可能なマルチモード在庫管理機能を提供します。資材とトランザクションの包括的な属性把握機能を利用して、在庫管理者とオペレーターは資材の在庫期間、数量、状態、サプライヤーからの委託在庫などを柔軟に把握できます。

顧客事例

  • Mando Corporation、在庫追跡において99.9%の精度を実現
  • CPC Biocon、棚卸資産会計の精度を75%から99%に改善
  • USANA Health Sciences、倉庫管理との統合の簡素化と在庫情報の一元化により在庫管理を強化
  • Privi Organics、設備保守に用いられる予備部品や工具、投資用の品目など個別の在庫管理を合理化