iProcurement

Oracle iProcurementは、従業員の購買支出を管理するセルフサービスによる購買依頼アプリケーションです。Webベースのショッピングシステムにより、調達部門の集中管理のもと、従業員が自身の注文を作成、管理、追跡できるようになります。そのため、すべての取引に調達ポリシーや協定価格が反映されます。簡単な注文処理とシームレスなワークフローによってサービスを改善する一方、仕入先不明あるいはカタログ外支出を購買担当者に明確に伝えます。

調達プロセスの統合および合理化

Oracle iProcurementは、Oracle Advanced Procurementスイートの一部であり、PurchasingServices Procurementなど他のOracle Applicationsとシームレスに連携します。

ORACLE iPROCUREMENTリリース12

Oracle iProcurementは、Oracle Advanced Procurementスイートのなかでも知名度が高く、もっとも広く使用されているツールです。リリース12には継続的な改善が含まれます。一部は外観の変更ですが、その他主要なアーキテクチャの改善が含まれます。おもな拡張内容は次のとおりです。

  • 新しい承認タイプ
  • 新しいユーザー・インタフェース・オプション
  • お気に入りリストの作成および保守に関する新しいオプション
  • 統合されたカタログ・アーキテクチャ
  • 購買担当者、サプライヤーおよびカタログ管理者用のカタログ作成機能の改善
  • 許容範囲に基づく変更要求のルーティングおよび承認
  • ユーザーが使用可能なコンテンツを詳細に制御するコンテンツ・セキュリティの拡張

特長

  • 従業員による注文の合理化:セルフサービスによる注文によって、エラーの起きやすい書類ベースの処理を排除するとともに生産性と管理性を向上させます。
  • 調達ポリシーの遵守:統制およびガバナンスの優れたサポートによって調達ポリシーを遵守させます。
  • 調達コストの削減:取引間接費の削減、特例支出の抑制および、優先サプライヤー契約を最大限活用することによって、調達コストを削減します。