Landed Cost Management

Oracle Landed Cost Management(LCM)は、輸送/取扱手数料、保険料、関税、税金など、付加的に発生するサプライチェーン・コストに財務の可視性を提供します。これらのタイプのコストは、品目のコストの大部分(40%以上)を占めることもあるため、全体的な財務プロセスや意思決定活動内に正確に組み込むことが重要です。Oracle LCMは、まずこれらのコストを見積もり、実際の金額がわかった時点でそれらを更新し、出荷、オーダー、製品へと割り当てます。これにより企業は、利益を最大化し、不利益となる部分を可視化し、競争力を高め、複雑な取引活動が規制要件に準拠しているか否かを確認することができます。

特長

  • 製品収益性の最大化
    追加コストを自動的に取得および分類し、輸送費、保険料、委託手数料、関税、税金など、複雑なサプライチェーン内の目立ちにくいコストを明らかにします。
  • 競争力の強化
    関連費用、手数料、関税、および税金といった付加的なサプライチェーン・コストを特定/評価することで、供給ネットワークを最適化し、低コストの海外ロケーションからの製品やコンポーネントを戦略的に調達することを可能にします。
  • サプライチェーン・コストに対する財務の可視性を向上
    コストが判明しだい見積りコストを追跡し、財務担当者同様、製品ライン・マネジャーにも詳しい分析情報を提供して、予算作成やレポート作成にそれらを反映できるようにします。
  • コンプライアンスの遵守
    製品に加えられるすべての取得原価を分類/追跡することは、複雑なサプライチェーンを導入しているグローバル企業にとってのベストプラクティスです。