Inventory Optimization

競争の激化、製品ライフサイクルの短縮、業務アウトソーシングの増加、需要の不確実性の高まりなどを特徴とする今日の過酷な経済情勢では、在庫の量と保管場所を適切に決定する在庫管理ポリシーの策定がますます困難になっています。 Oracle® Inventory Optimizationは、サプライチェーン全体における需要と供給、および納期の変動を考慮することによって、収益、コスト、顧客サービス水準、在庫予算のバランスを効果的に取り、在庫化延期戦略の実行を可能にします。

機能と特長

在庫化延期とリスク一元化管理

  • Oracle(R) Inventory Optimizationは、在庫化延期およびリスク一元化管理機能を活用することによって、所定のサービス水準を保証するためには在庫をどこに保管すべきか、また製造過程のどの段階で在庫を保管すべきかを決定します。 製造プラントや流通センター、中央倉庫だけでなく、サプライヤや顧客まで考慮します。 さらに部品構成表を検討して、完成品、組立部品、原材料の各レベルでどれだけの在庫を持つべきかを算出します。 Oracle® Inventory Optimizationは、高いコストを投入してすべての製品構成部品を顧客拠点の近くに保管するのではなく、顧客への製品納入に必要な時間とコストのバランスがとれたソリューションを提供します。

サプライ・チェーンの変動管理によるサプライ・チェーンのリスクを緩和

  • 在庫投資計画を最適化するためには、サプライチェーンにおける変動要素をすべて考慮に入れることが不可欠です。 需要変動原因には、季節要因や予測エラー、プロモーション、新製品の投入などが挙げられます。 対して、供給変動原因には、納期の不確実性やサプライヤのパフォーマンスの問題(製品の品質、納品期日の信頼性の低さなど)が考えられます。 需要と供給の変動を把握することで、在庫予算の範囲内で顧客サービス目標を達成する在庫投資計画を正確に決定することができます。

最も収益性の高いチャネル、製品、顧客の特定

  • 通常、顧客サービスの目標値は1つではありません。 製品や顧客、販売チャネルごとに異なる目標を設定するケースがあります。 Oracle® Inventory Optimizationは、最も収益性の高い目標を特定して、最大の収益が得られる製品および販売ミックスを策定し、少ないリソース活用の最適化をサポートします。 すべての製品や販売チャネル、顧客が同じサービス水準を必要とするとは限らないため、さまざまなレベルで異なるサービス水準を定義することが可能です。

プログラマではなく計画担当者用のビジネス・ツール

  • Oracle(R) Inventory Optimizationは、最先端の最適化およびリスク一元管理手法を適用して、最適なソリューションの決定する高性能技術を活用しています。プログラマではなく、在庫計画担当者などのビジネス・ユーザーが直感的に迅速な意思決定をおこなえるよう、For Planners Not ProgrammersTM(プログラマではなく計画担当者向け)という方針のもと設計されています。