Collaborative Planning

Oracle(R) Collaborative Planningは、複数の企業、組織をまたがった計画の策定を可能にします。 セキュアな環境でパートナー組織とコラボレーションをおこない、計画サイクル・タイムを短縮し、サプライ・チェーン上で発生した例外を迅速に特定して対応することができます。 供給状況の変更を早期に把握し、サプライヤに発注予測値の変更を通知することで、企業の境界線を越えた計画立案と業務運営を実現します。 Oracle Collaborative Planningは、予測精度の向上、在庫管理ベンダー委託プロセスの導入、グローバルな供給状況の可視性の向上、欠品の削減、緊急出荷コストの削減を実現します。

機能と特長

グローバルな可視性の向上と欠品の削減

  • 在庫状況とロケーション情報を主要取引先と共有し、重要部品の在庫を共同使用することで、在庫不足の削減とサービス水準の向上を図ります。

在庫管理ベンダー委託の導入

  • 顧客在庫の補充を自動化して顧客に付加価値の高いサービスを提供し、主要サプライヤによる補充を自動化して緊急出荷コストを削減します。 広範囲にカバーしつつ構成可能な例外管理機能が、在庫計画担当者と購買担当者に適時アラートを発信します。

複数の企業、組織をまたがった計画導入によるサイクル・タイムの短縮

  • 受注予測と供給コミットを継続的かつリアルタイムに比較すると同時に、ウォーターフォール分析と監査証跡を活用してサプライヤのコミット実績を評価します。 需供不一致に即時に対応し、供給計画プロセスで最新の供給データを即時活用します。

サプライ・チェーン上の例外に迅速対応

  • 広範囲をカバーし、ユーザー構成可能な例外管理フレームワークが、企業の境界を越えて例外情報を計画担当者、購買担当者、取引先などの関係者に通知し、措置が講じられない場合のエスカレーション・プロセスを自動化します。