Advanced Supply Chain Planning

急速に変化する今日のビジネス環境では、従来の遅延を誘発する断片化した計画プロセスやExcelスプレッドシートよりも優れた計画ツールが必要です。 Oracle® Advanced Supply Chain Planningを活用すれば、 最新のコンセンサス予測や販売オーダー、製造の進捗状況、購買オーダー、推奨される在庫ポリシーを考慮したうえで、複数の流通および生産設備や計画期間をまたがる資材計画と能力計画をとりまとめて1つの計画として立案することができます。 また、定義済み最適化機能を活用して制約を考慮した計画をスピーディにたてることも、無制約の計画から開始して計画最適化に段階的に移行することも可能です。

機能と特長

計画サイクル・タイムの短縮 - 包括的な供給および流通計画

  • Oracle® Advanced Supply Chain Planningは、長期的な累積計画から短期的な詳細スケジュール、複数の製造プロセス(ロットベース、プロセス、ディスクリート、受注生産、プロジェクト・ベースなど)、サプライ・チェーン・ネットワーク内のすべての組織を取り入れた全体計画を可能にします。 ◇流通計画やサプライ・チェーン計画、製造計画を共有する単一ソリューションでサポートするため、1つのサプライ・チェーン・モデル、1つの計画エンジン、1つの設定がベースとなりますが、◇ 柔軟な構成機能が共存可能な異なるモデル(ハブ&スポーク計画、単一計画)を定義し、再導入を必要とせずに組織の成長に伴い進化させていくことが可能です。 包括的なデフォルト・ロジックと生産性を向上するユーザー・インタフェース、そして強力な例外管理機能を備えているので、計画担当者はこのツールを活用して敏速な意思決定を下すことが可能です。

総合的な流通計画

  • Oracle® Advanced Supply Chain Planningは、流通および補充に関わる課題に重点的に取り組む企業に総合的なサポートを提供します。 流通計画担当者が活用できる包括的なDistribution Planner Workbenchには、グローバルな資材配備状況の表示、各地域の流通センターと中央の流通センター間の割当および再配分の自動化(手動での上書きも可能)、トラック積載率の最適化、例外発生のハイライト表示などの機能があります。また、キッティング、製品代用、実行日指定ソーシング、配分、割当ルール、グローバル予測、代替(構成部品、サプライヤ、施設、出荷方法)、サプライヤ供給能力制約などを考慮した推奨計画を提供します。

計画担当者の生産性向上と意思決定の加速

  • 計画担当者は、強力な例外管理および根本原因分析機能をグラフィカルなサプライ・チェーン・ペグ機能と併用して、最終需要から最下位レベルの構成部品まで、または必要リソースに関する問題の特定と解決を実行することができます。 ワークフローを幅広く活用することで、プロセスの自動化と是正措置の自動実行が可能になり、マニュアル作業によって発生する不必要な負荷を大幅に削減できます。 さらに、計画担当者は広範囲でパーソナライズ機能を活用でき、ワークスペースをニーズに合わせてカスタマイズできます。 強力なシミュレーション機能および複数の計画担当者のコラボレーション機能と組み合わせれば、計画立案作業を迅速かつ効率的に実行することが可能です。