Oracle Value Chain Planning

今日のグローバル経済の課題に対処するため、企業は情報主導型バリューチェーンへと自社のサプライチェーンを変革する必要に迫られています。時代遅れの計画プロセスや相互に接続されていない計画システムでは時間がかかりすぎ、ますます加速する需要の変化に追いつくことはできません。そうしたプロセスやシステムは可視性を欠いており、サプライチェーンのリスクが顕在化しないため、サプライチェーンで予期せぬ事象が発生しても迅速に対応することは不可能です。

計画の成功は、意思決定のスピードと、決定事項が及ぼす影響を組織のあらゆるレベルで継続的に監視できるかどうかにかかっています。Oracle Value Chain Planningを使用すれば、需要の検知、形成による収益性確保、イベント駆動型の高速シナリオ・シミュレーション、サプライチェーン・リスク管理、販売および業務計画と統合事業計画、包括的な取引管理、統合オーダー調整および納期回答、マルチエンタープライズ・プランニングおよびコラボレーションなど、クラス最高のプロセスが実現します。

Oracle Value Chain Planningはクラス最高の完全な計画ソリューションとして、オラクルのシステム(E-Business SuiteJD Edwards EnterpriseOne)だけではなく、オラクル以外のシステムとも事前定義されたインタフェースを利用した共通の基盤の上に構築されています。時間とコストを節約するモジュール方式での導入が可能なので、企業はもっとも優先度の高い問題から解決していくことができます。

オラクル・ソリューション: 完全、オープン、モジュール方式、統合

オラクルだけが提供できるメリット

変革の手法 機能と価値
リアルタイムでの需要の検知と予測形成による収益の増大
  • リアルタイムの需要把握により、消費ポイントにより近い場所で需要を検知
  • 高度な分析と強化されたコンセンサス予測による予測精度の向上
  • 統合されたプロモーション計画による需要予測を形成
  • 新製品導入とマーケティングのによる需要予測を形成し、収益を最大化
収益性を維持しつつ需要と供給を一致させて企業目標を達成
  • 継続的なセールス&オペレーション計画プロセスを用いた需要と供給のバランスをとることで、売上を最大化し、実行状況を改善
  • 統合事業計画を介して財務計画と業務計画の整合性を確保
  • 代替ビジネスシナリオを容易にシミュレート
  • 主要な意思決定者を統合された反復プロセスに包含
サプライチェーンで発生した事象への俊敏性と即応性を向上
  • 俊敏性を意識したサプライチェーン設計
  • 総合的な供給計画とスケジューリングが可能な拡張バリューチェン計画
  • イベント駆動型の計画により、サプライチェーンで発生した事象にすばやく対応