Daily Business Intelligence for Procurement

Oracle Daily Business Intelligence for Procurementは、コスト削減の機会を特定し、サプライヤーの実績を追跡することを目的に設計されたWebベースの分析およびレポート作成ツールです。 Webベースのレポートを使用して、マネジャーは支出詳細の閲覧、調達データの分析、実績の測定、コスト削減戦略の策定などが可能です。 許容を超えるレベルに達した場合は、関係各者にも通知が送信されます。

調達プロセスを統合および合理化

Oracle Daily Business Intelligence for Procurementは、Oracle ProcurementまたはOracle Corporate Performance Managementの一部であり、PurchasingSourcingなど他のProcurementアプリケーションあるいはCorporate Performance Managementアプリケーションとシームレスに連携します。

機能と特長

リアルタイムの支出データを統合
各部門にわたる支出データを一元的なシステムに統合 迅速な是正措置を実行し、 組織を横断する戦略を構築
コスト削減の機会を特定
原材料購買取引のサマリーを自動的に受信 支出のパターンや傾向をタイムリーに洞察
管理目的を明確に定義
対象とする許容レベルを設定 例外制限の設定が可能 通知アラートをトリガーするワークフロープロセスを定義
コンプライアンスの徹底
例外的な購入を特定 既存の取引先以外でおこなわれた購買を識別
サプライヤーの実績を監視
サプライヤーのコスト、品質、配送に関する業績を分析 優秀で信頼できる取引パートナーを特定

次のステップ

データシート: Oracle Daily Business Intelligence for Procurement (PDF)