Oracle iSupplier Portal

Oracle iSupplier Portalは、インターネットベースのセキュアなポータルを通じてあらゆるサプライヤーのコミュニケーションを定型化するエンタープライズ・アプリケーションです。

サプライヤーとの電話やFax、Eメールによるコミュニケーションは時間を浪費し、サプライチェーンにおけるエラーや遅延の原因にもなります。Oracle iSupplier Portalは、オンライン・コラボレーションのための強力なプラットフォームであり、企業と各サプライヤーの効率向上を可能にします。サプライヤーは、発注書や配送情報、支払い状況などについて最新の情報にアクセスします。そして、双方向のコラボレーションによって変更要求、出荷通知、支払い、プロファイルなどを発行できます。その結果、サービスの改善や処理コストの削減が可能になるとともに、コストのかかるサプライヤーへの問合せからも解放されます。つまり、購買部門はもっとも重要な「よりコスト削減ができること」に集中できるようになります。

調達プロセスを統合および合理化

Oracle iSupplier Portalは、Oracle Advanced Procurementスイートの一部であり、PurchasingPayablesなど他のOracle Applicationsとシームレスに連携します。 Oracle iSupplier Portalは、オラクルのサプライヤー連携ソリューションの主要なコンポーネントです。

ORACLE ISUPPLIER PORTALリリース12

Oracle iSupplier Portalは、サプライヤーが調達プロセスに積極的に参加することで効率が上がるという認識で開発されました。新機能であるサプライヤー関連のビューを追加することにより、リリース12全体としての価値を高めます。おもな拡張内容は次のとおりです。

  • サプライヤーによる注文変更、パフォーマンス、発注ステータス追跡の改善
  • サプライヤーのプロファイル管理および登録の改善
  • 連携の強化および操作性の改善
  • 新しいサプライヤー・カタログの作成
  • 請求機能の改善

特長

  • サプライヤーとのコラボレーションによる発注処理の最適化:オンラインでサプライヤーと情報を共有することによって、サービスの向上、頻繁な問合せの削減、在庫管理負担の軽減が可能です。
  • 発注から支払いまでを簡素化:事前出荷通知によって受領時の問題を削減、オンライン請求処理によってコストを削減、そして配送および品質データの共有によってサプライヤーからのサービスを向上させます。
  • サプライヤーの効率的な参入と維持:Webポータルによるアクセスとオンライン登録によって、サプライヤーは即時に参入が可能です。セルフサービスのプロファイル更新により、サプライヤーの維持管理も容易です。