Oracle Sourcing

Oracle Sourcingは、オンライン・コラボレーションと交渉を通じてソーシング業務を促進するエンタープライズ・アプリケーションです。本製品は、あらゆる供給管理コストを大幅に削減できる統合スイートであるOracle Advanced Procurementの主要コンポーネントの1つです。

戦略的なソーシングは複雑で時間もかかることが多いため、利用可能なソーシング機会をすべて活用できている企業は多くありません。Oracle Sourcingは、調達の専門家によるソーシングの可能性を広げることにより、さらに多くのコスト削減機会を見出し、それぞれからさらに多くの価値を得ることを可能とします。オンライン・コラボレーションと交渉によって、複数組織からの専門家達による情報の交換、要件の定義、交渉の実行、新しい契約の作成を容易におこなうことができます。購買の専門家、ビジネスの専門家、サプライヤーなど全員が協力して、最適な契約内容を作成できます。

調達プロセスを統合および合理化

Oracle Sourcingは、Oracle Advanced Procurementスイートの一部であり、Procurement Contracts、iProcurementPurchasingなど他のOracle Applicationsとシームレスに連携します。

ORACLE SOURCINGリリース12

Oracle Sourcing R12には、より複雑なカテゴリーに対応するための専門的な機能が備わっており、ほぼすべてのソーシングおよび交渉戦略が実装されています。おもな拡張内容は次のとおりです 。

  • Professional Buyers Work CenterからSourcingに直接アクセス可能
  • シェアードサービスに対応する複数組織へのアクセス制御
  • ソーシング・ダッシュボード(Daily Business Intelligence for Procurement)
  • ユーザー定義可能な交渉スタイル
  • 包括購買契約交渉(契約全体の交渉、ワンクリック再交渉の実行、または商品追加)
  • 保留金、回収、契約融資、出来高払いなど複雑な支払いの交渉
  • チーム・スコアリングおよび自動スコアリング
  • 組織階層を用いた承認
  • FedBizOppsとの統合

特長

  • 支出のソーシングを促進:より多くのソーシングを短時間で管理し、迅速に結論を得られるため、さらに多くのコスト削減の機会を利用できます。
  • 総コストのもっとも低いものをソーシング:単価だけではなく総コストに基づいてもっとも価値の高い支出を決定します。
  • 即時および長期的なコスト削減を達成:迅速な導入によって即時にコストを削減し、短期間で投資対効果を最大化します。そして、Oracle Advanced Procurementスイートを通じてさらなるコスト削減を支援します。