Oracle Spend Classification

「Garbage in, garbage out」(ゴミを入れればゴミが出てくる)という言葉は、コンピューティングの歴史と同じくらい古くからある格言です。しかし、支出分析の分野においては、この言葉がとくによく当てはまります。なぜなら、どんなに分析をおこなっても、過去の支出データが正確に分類されていなければ、調達の意思決定を十分に最適化するための情報は得られないからです。この問題を解決するのが、Oracle Spend Classificationです。これは、支出とパフォーマンスの可視性を改善するための分析アプリケーションで、供給管理コストを劇的に低減するOracle Advanced Procurementの重要なコンポーネントです。

特長

  • 支出を論理的なカテゴリーに体系化 ― 任意のソースからデータを処理し、既存のパターンと分類法を検索して、体系化されていないデータを適切なカテゴリーに割り当てます。
  • コストのかさむデータ管理タスクを自動化 ― 必要なときに随時分類を実行し、分類の曖昧な支出に対して可能性のあるカテゴリーを特定し、異なるデータを単一のカテゴリーに分類します。
  • 支出パターンの変化に適応 ― 新しいソースからのデータを既存のカテゴリーに割り当て、支出パターンから分類の精度を改善し、ソースシステム内での分類ミスを防止します。

ORACLE PROCUREMENT ON DEMAND

Oracle Sourcingは、世界規模の調達を実行するうえで重要な役割を果たします。Oracle Sourcingは、Oracle E-Business Suiteと連携し、オンプレミスまたはOracle Procurement On Demand経由で実装できます。


調達から支払いまでのプロセス全体にわたる可視性の確保

Oracle Spend Classificationは、Oracle BIアプリケーション・スイートの一部であるOracle Procurement and Spend Analyticsとシームレスに連携するよう設計されています。両者が連携することで、調達組織は、現行の改善目標を達成するために必要な調達/仕入先パフォーマンスを包括的に見ることができるようになります。

ただし、これはデータ品質をかならずしも十分に保証するものではないため、Oracle Spend Classificationは、Oracle iProcurementと事前統合されています。これにより、調達組織は自社のデータソース自体の品質問題を特定することができ、精度に対する信頼性を改善できます。