Oracle Production Scheduling

Oracle(R) Production Schedulingは、スケジュール管理者によってスケジュール担当者のために設計されました。生産スケジューリングの問題のコントロールを実現し、生産現場のスループットを最大化しながらリソース投資効果の最適化を支援します。 重要なリソースを有効活用し、作業現場で対応できる現実的かつ実行可能なスケジュールを算出することによって、目的達成に最適なスケジュールを容易に決定します。 また、Oracle E-Business Suite(ディスクリート生産、プロセス生産、ロットベース生産)との事前統合を利用することによって導入期間を短縮し、迅速な価値創造を実現します。

製造プロセスの統合と合理化

Oracle Production SchedulingはOracle E-Business Manufacturing Suiteの一部であり、Discrete ManufacturingProcess ManufacturingShop Floor ManagementをはじめとするOracle Manufacturingアプリケーションとシームレスに連携します。

機能と特長

リソース・ボトルネックのスループットを最大化

  • 自動テスト・ボトルネック検出機能により、機械、作業員、ツールに関する生産能力制約とカレンダー上の制約を同時に考慮し、作業現場のスケジュールを最適化します。 作業労力の最小化機能とキャンペーン実行最適化機能を使用して、実行可能なスケジュールを作成します。

作業現場のパフォーマンスの向上

  • スケジュール管理者は、予定外のダウンタイムの影響を最小限にとどめ、例外を容易に特定し、ドラッグアンドドロップ方式の強力なスケジューリング・ワークベンチを活用してスケジュールを迅速に調整することができます。

最適な生産スケジュールを迅速に判断

  • 高速シミュレーションを容易に実行できるので、スケジュール担当者は、実行するスケジュールを決定してリリースする前に、複数の計画シナリオや重要業績評価指標を即座に比較できます。 また計画担当者は、計画上の製造指図書と実際の製造指図書を確認してから決定を下すことができます。

定義済みの統合設定を活用して導入時間を短縮

  • Production SchedulingはOracle E-Business Suiteと完全に統合されているため、既存の設定を利用して迅速に運用を開始できます。 Production Schedulingは、大幅な構成を必要とせずに、ディスクリート生産やプロセス生産、ロットベース生産をサポートします。