Project Portfolio Analysis

Oracle Project Portfolio Analysisは、財務目標や戦略目標、利用可能な予算に応じた適切なプロジェクトの評価、分析、優先順位付け、選定を可能にします。 予算や戦略の変化、M&A、競争などによって環境が変化した場合でも、反復的なプロセスが企業における適切な意思決定を支援します。

プロジェクト・ポートフォリオの分析プロセスを統合および合理化
Oracle Project Portfolio Analysisは、Oracle Projectsアプリケーション・ファミリーの一部であり、Oracle FinancialsOracle Supply Chain ManagementOracle Human Resources ManagementOracle Customer Relationship ManagementOracle SalesOracle Advanced ProcurementOracle Collaboration Suiteなど他のOracle E-Business Suite applicationsとシームレスに連携します。

特長

共通の企業目標を確立

  • すべてのプロジェクトの評価基準となる指標を一致して決定できます。 たとえば、正味現在価値、投資対効果、戦略上あるいは技術上の適合性などが指標になります。

プロジェクトの総コストを算定

  • タスク、リソースまたは期間の任意のレベルで、リソースプラン、作業計画、コミットメントに基づいて複数の通貨でプロジェクトの総コストを算出します。

プロジェクトをスコア付けおよびランク付け

  • 戦略上の適合性、財務上の正当性、必要な総投資額などプロジェクトベースの各カテゴリを、定量的および定性的に優先順位付けします。

What-ifシナリオを作成して比較

  • 新規プロジェクト、または新規プロジェクトの複数のシナリオが企業のポートフォリオ内の全既存プロジェクトに与える影響を視覚的に明らかにします。