Oracle Manufacturing Operations Center

Oracle Manufacturing Operations Centerは、生産現場の可視化を推進し、効率化と品質向上を実現できる先駆的な製造業向けソリューションです。Oracle Manufacturing Operations Centerは、エンタープライズ、生産現場、システムを標準的かつシンプルに統合し、最新の業務分析機能と、エネルギー消費関連の分析機能を提供します。次世代のアーキテクチャとISA-95リファレンスモデルに基づいて、Oracle Manufacturing Operations CenterはERPと生産現場の間に配置され、ERPが受け持つ周期的なトランザクション単位の処理と、生産現場における製造機器や生産ユニットでのリアルタイムで断片的な事象を統合します。

特長

  • 定期的なレポーティングからリアルタイムの業績管理に移行
  • エンタープライズ全体に一貫したパフォーマンス・メトリックを適用
  • 実際の設備性能に即したプランニングとスケジュール、リアルタイムに業務を調整
  • Oracle Sustainability Sensor Data Management(SSDM)を使用し、温室効果ガス(GHG)排出量のデータを企業全体にわたって収集、分類、分析

製造業務の継続的な改善に必要な基盤

Oracle Manufacturing Operations Centerは工場の既存インフラに接続されます。生産現場から生データを収集し、ERPおよびMESアプリケーションから取得した情報を活用してビジネスコンテキストを構築し、ビジネスユーザーにとって有益な情報へと変換します。このソリューションにより、工場長や現場スタッフは生産業務をリアルタイムで監視できるようになり、リーンやシックスシグマの継続的な改善プログラムを運用するためのデータと分析インフラを確立することができます。

機能と特長

工場現場のデータをコンテキスト化してERPと同期
Oracle Manufacturing Operations Centerは、ERPと生産現場の間の抽象レイヤーとなり、粒度の細かい業務データを絶えず収集して、ワークオーダーやレシピ、顧客の注文、日時、その他の業務詳細といった有意なビジネスコンテキストを追加します。また、コンテキスト化されたトランザクション・データをERPと同期することにより、手作業のデータ入力が減り、人的なエラーや不正確さも軽減されます。

工場業務にリアルタイム・インテリジェンスを提供
Oracle Manufacturing Operations Centerを利用することにより、工場長や現場監督者は生産パフォーマンスをリアルタイムで監視することができます。役割に応じたダッシュボードにより、ビジネスユーザーはスループット、可用性、総合設備効率など、各自にもっとも関連性の高い情報だけを簡単に利用することができます。設備、製品、時間などの階層をドリルダウンして根本原因を分析することも可能です。

次世代の製造業務アーキテクチャを活用
Oracle Manufacturing Operations Centerは、オープンでスケーラビリティと拡張性に富んだ次世代の製造業務アーキテクチャを基盤としています。Oracle BI Enterprise EditionやOracle Service-Oriented Architecture Suiteなどのコンポーネント、データ統合ツールといった、Oracle Fusion Middlewareの最新テクノロジーを活用しています。

持続可能性データを取得、分析、レポート
Oracle Sustainability Sensor Data Management(SSDM)は、MOC内に設定された標準の機能であり、製造業/非製造業にかかわらず、持続可能性イニシアティブを組織全体で推進するための機能を提供します。Oracle SSDMでは、環境対策の強化を求めるさまざまな関係者からの社会的/法的圧力の高まりに役員やマネジャーが対処できるよう、エネルギー使用量の監視、無駄の排除、温室効果ガス(GHG)排出量の抑制などの目標達成を支援する、革新的なコア機能が導入されています。