Oracle Spares Management

効果的なスペア部品プランニングによるトランク在庫の削減
老朽化や減耗、経年による減価といった要因を考慮すると、スペア部品在庫の取得や保管、展開、管理に要するコストは年間の在庫価値の40~50%まで高まる可能性があります。 Oracle Spares Managementは、物流およびプランニング機能を搭載し、必要なスペア部品の選択と現場への配給の問題を直接的に解決することで、在庫コストを削減します。 また、Oracle Spares Managementには返品処理機能が含まれ、部品の保証や返品時の残存価格を最大限に活用しながら、全ての在庫部品を常に信頼できる状態に保つことができます。 さらに、技術者があらゆるレベルの在庫情報に完全にアクセスでき、それらが補充や調達と直接連動するため、完全かつ効率的なスペア部品プランニングが推進されます。

Oracle Spares ManagementはOracle E-Business Suiteの一部で、徹底したプロセス・オートメーションと完全な情報を提供するビジネス・アプリケーションの統合セットです。 一度に1つ、あるいは複数のモジュールを組み込む場合、または完全なスイートを実装する場合でも、Oracle E-Business Suiteはより的確な情報に基づく意思決定と良好な業務運営、そして支出の削減を可能にします。

機能と特長

  • 在庫レベルを削減することにより、在庫維持費や老朽化を低減
  • 注文した部品が物流プロセスのどの辺に位置しているのかを把握できるため、効率的な部品の追跡と通知が可能
  • 効率的な回復、整理統合、欠陥部品の修理を通じて物流コストを低減
  • Oracle Interaction Centerとの連携により、マルチチャネルのアクセスを実現
  • Oracle Field Serviceとの事前設定済みの統合により、技術的な統合コストを削減しながら、重要な部品情報の流れを改善