TeleService

Oracle TeleServiceでは、電話、Eメール、Webのいずれからの問い合わせであっても、企業内のすべてのCRMアプリケーションを統合して、問題解決プロセス全体を自動化します。 問い合わせは適切な担当者にルーティングされ、 包括的なソリューション・データベースへの迅速なアクセスが可能です。 確実なサービス契約情報に基づくため収益機会の喪失も回避されます。 さらに、クロスセルやアップセルの機会をインテリジェントに特定し、画面上にポップアップして促します。 その結果、サービス水準の改善、サービスからの収益増大、サービス・コストの低減、収益機会の喪失回避が可能となります。

サービス・プロセスの統合と合理化
Oracle TeleServiceはOracle Serviceの一部で、Service ContractsField Serviceといった他のServiceアプリケーションとのシームレスな連携が可能です。

機能と特長

  • クロスセル機会の特定と活用
    顧客の購買パターンに基づいて販売機会のアラートを自動発信します。 最重要顧客を対象に優先的なケアを能動的に実施します。
  • 要求をインテリジェントにルーティング
    Oracle Interaction Centerとの統合により、要求は適切な担当者に転送されるため迅速な解決とサービス水準の向上が可能です。
  • 問題を迅速に解決
    ナレッジ・データベースの高度な検索機能により、スタッフは素早く回答を探し当てることができます。
  • 収益機会喪失の回避
    Oracle Service Contractsとの統合によりサービス契約の有無を自動検証します。
  • Field Serviceとの統合
    現場訪問日についてスケジューリングが可能です。