Oracle Services Procurement

Oracle Services Procurementは、サービス購買の完全な管理と洞察を可能にするエンタープライズ・アプリケーションです。

多くの企業は総予算の多くの部分をサービス購買に費やしていますが、商品や原材料と同じようにサービスのコストを明確に把握している企業はほとんどありません。もっとも効率化の進んだ企業においてさえ、サービス購買は、仕入先不明の購入やコスト削減機会の逸失、購買部門による監視の限界といった曖昧な領域になりがちです。Oracle Services Procurementは、サービスに対して購買の完全な監視を可能にします。ステップ・バイ・ステップ方式でサービス購買を管理することによって、企業は臨時作業員や複雑なビジネスサービスなど、単純なカテゴリーでも複合カテゴリーでも費用を削減することができます。Oracle Services Procurementによって、サービスの調達と管理による最大のコスト削減が実現できます。

調達プロセスを統合および合理化

Oracle Services Procurementは、Oracle Advanced Procurementスイートの一部であり、iProcurementiSupplier PortalPurchasingなど他のOracle Applicationsとシームレスに連携します。

ORACLE SERVICES PROCUREMENTリリース12

Oracle Services Procurementリリース12には、単純なサービスや臨時労働を自動化するという、従来の役割を超えた使用を促進する改善内容が含まれています。サービスの内容から契約、支払いに至るまで、リリース12は複雑さを解消し、可視化を進めるように設計されています。なお、いくつかのケースでは機能拡張を最大限活用するために、その他のモジュール(Procurement Contractsなど)が必要な場合もあります。Procurementリリース12を使用すると、次のことが可能です。

  • 支払い予定や複雑な支払い条件の交渉
  • 支払い条件や出来高払いの予定の契約への取込み
  • スケジュールに基づく進捗状況の追跡およびレポート
  • プロジェクトに対する決定済み費用の追跡
  • 保留金および回収の自動化
  • 最終的な請求書や支払いに至るまで、借入れや契約融資を管理

特長

  • 優先サプライヤーによるコスト削減の最大化:契約の作成と履行を改善し、あらゆる請求で優先サプライヤーを活用して、サービス支出の承認に関するポリシーを設定します。
  • 過剰請求や見積り超過を排除:包括的な請求額の照合および調整によって過剰請求を排除し、サプライヤーとのコラボレーションを通じて処理コストを削減、さらに納品物の追跡によってサービスの提供とコンプライアンス遵守を実現します。
  • サービス支出に対する可視性の確保:サプライヤーや臨時作業員のパフォーマンスを測定して、サービス支出や商品支出を完全に把握することで、サービス購買プロセスの全体を監視することができます。