Flow Manufacturing

Oracle Flow Manufacturingは、見込生産、注文仕様生産、ディスクリート型の繰り返し生産、受注組立生産、受注設計生産など、受注生産型の製造プロセス全体をサポートします。 顧客注文の受領と同時にスケジュールを開始し、組立完了後ただちに出荷することが可能です。 その結果、サイクル・タイムの短縮、バランスの取れた生産、在庫コストの削減、製品の品質向上が実現します。

製造プロセスの統合と簡素化
Oracle Shop Floor ManagementはOracle Supply Chain Managementの一部であり、Oracle Work in ProcessOracle Advanced Planning and Schedulingをはじめとする他のOracleアプリケーションとシームレスに連携します。

特長

需要の統合

  • ATP(available-to-promise)およびCTP(capable-to-promise)機能を搭載。 オーダーに基づいた需要のスケジューリングが可能。 サプライヤーの生産能力を正確に反映した、柔軟な許容限度を設定

ライン設計とライン・バランシングの実現

  • 製品のプロセスとイベントを組立工程間で共有。 製品の同期化をグラフィカルに実行。 フロー工順を使用してイベントの順序を管理

ラインのスケジューリングおよび順序設定機能の搭載

  • 生産ラインの計画、シミュレーション、スケジュールを実行。 一括カスタマイズをスケジュール。 構成部品の在庫数量を確認

実行の管理

  • 作業指示なしで組立の完了を記録。 線形レポートによりラインを監視。 組立完了時に資材をバックフラッシュ

カンバン方式の計画および実行の導入

  • プル順序を定義して資材補充チェーンを特定。 製品補充のリード・タイムと需要に基づいてカンバンの必要量を決定