Oracle Fusion Distributed Order Orchestration:
調和のとれた受注および受注処理プロセスの新しいスタンダード

オラクルが選ばれる理由

既存アプリケーションのビジネスバリューを高める

Oracle Fusion Distributed Order Orchestration(DOO)は、オラクルのサプライチェーン・マネジメント戦略における重要なコンポーネントです。革新的なアプローチで受注補足と受注履行のプロセスを管理するDOOは、次のことを実現します。

  • 企業全体の情報を標準化して、受注と受注履行の計画を1カ所で把握
  • あらゆるリソースを活用し、調整された受注処理業務
  • ネイティブのイベント管理および監視機能
  • 組込み済みの分析機能
  • 受注処理コストの低減: DOOでは、受注情報と調整された受注処理計画を一元的に把握できるので、時間のかかる手動プロセスを削減しながら全体的な効率を高め、受注処理コストを低減することが可能です。
  • 顧客サービスの向上: 予定のマイルストーンに達しなかった場合や予期せぬ出来事が発生した場合には、ネイティブのイベント管理および分析機能によって当事者にアラートを出すことができます。
  • 利益の拡大: オーダーの分解と受注履行計画の調整がおこなわれた結果、受注処理コストが削減され、利益を拡大します。

オラクルだけが提供する受注補足と受注履行の新しいスタンダード

標準 新機能 ビジネスバリュー
受注処理コストの低減
  • オーダー情報のプラットフォームを標準化
  • ネイティブ・イベント管理
  • 組込み済みのビジネス分析機能
  • 受注処理プロセスの迅速化
  • 手動プロセスの削減
  • 受注処理計画の最適化
顧客サービスの向上
  • 全システムの全オーダーに関する360度の視点の提供
  • 重要な顧客に焦点を当て、必要に応じて特定のルールを割り当てるビジネス・インテリジェンス機能
  • 主要業務の実績を詳細に示すメトリック
  • 情報の適時性が向上し、データ・アクセスが高速化
  • 情報の精度が向上するため、既存の計画に対してオーダーをより迅速に合理化することが可能
  • 情報の完全性が増し、物流ネットワーク全体の効率が向上
利益の拡大
  • オーダーの分解
  • 受注履行計画の調整
  • グローバルな全社規模でのリソース検討
  • 受注の区分またはグループ化
  • 効率性に優れた受注履行計画
  • 受注履行業務をより総合的に管理

注目の関連資料