企業のエコ化のためのリスクおよびパフォーマンス管理

概要

持続可能性への取組みの報告と分析の改善、新たな法規制への準拠と環境リスクの最小化、利害関係者とのつながりの強化

真に環境にやさしい企業となるためには、企業の環境パフォーマンスを評価し報告する能力が必要とされています。企業は、自社の活動が評価できる、正確で検証可能な基準を社内外のステークホルダーに提供し、その基準に従って環境面のコンプライアンスと持続可能性が証明できるようにすることが求められています。適切に設計、実装されたリスクおよびエンタープライズ・パフォーマンス管理ソリューションがあれば、環境面の目標を設定して、それをもとに業務計画を策定し、進捗状況を定期的に追跡、報告することができます。さらには、利益とステークホルダーにとっての価値が最大化するようリソースの利用を最適化し、持続性の高い成功を収めることも可能です。

機能と特長

持続可能性への取組みを管理、実行、評価するための手段として、Oracle Applicationsに注目する企業が増えています。リーン手法と持続可能な手法を組み合わせれば、製造コストとエネルギー・コストを大きく削減できる可能性もあります。Oracle Applicationsの製品機能と多彩な製品ラインアップにより、オラクルは企業のエコ化を支援します。

  • 持続可能性分析: 持続可能性分析では、信頼性が高く実用的なデータを入手し、環境パフォーマンスを継続的に改善することができます。Oracle Environmental Accounting and Reportingの持続可能性報告は、企業が周囲の環境に与える環境的、社会的、経済的影響についての情報を、規制当局や顧客、パートナー、従業員、その他の利害関係者に提供します。この情報を収集、報告することで、天然資源の浪費や消費を抑えてコストの削減を図るとともに、顧客やパートナーに対するブランド価値と評判を高め、快適な職場を用意して優秀なスタッフを集めることができます。Global Reporting Initiative(GRI)が示すような指針に従い、効率的で信頼性が高く、ミスが発生しにくい方法でレポートを収集、統合、準備するには、Oracle Hyperion Financial Managementを使用します。GRI認定のスターター・キットがありますので、既存の投資を活用しつつ、迅速に導入することが可能です。Oracle Business Intelligenceは、重要な傾向をすばやく考察できる対話型のレポートやダッシュボードを介して、社内外の利害関係者に持続可能性メトリックを提供します。
  • 持続可能性報告: 持続可能性報告は、企業が周囲の環境に与える環境的、社会的、経済的影響についての情報を、規制当局や顧客、パートナー、従業員、その他の利害関係者に提供します。この情報を収集、報告することで、天然資源の浪費や消費を抑えてコストの削減を図るとともに、顧客やパートナーに対するブランド価値と評判を高め、快適な職場を用意して優秀なスタッフを集めることができます。Global Reporting Initiative(GRI)が示すような指針に従い、効率的で信頼性が高く、ミスが発生しにくい方法でレポートを収集、統合、準備するには、Oracle Hyperion Financial Managementを使用します。GRI認定のスターター・キットがありますので、既存の投資を活用しつつ、迅速に導入することが可能です。Oracle Business Intelligenceは、重要な傾向をすばやく考察できる対話型のレポートやダッシュボードを介して、社内外の利害関係者に持続可能性に関する数値を提供します。
  • 環境計画は、財務計画および業務計画と緊密に連携させる必要があります。ExcelおよびWebベースの一元化された計画立案、予算編成、予測管理のソリューションであるOracle Hyperion Planningは、財務計画プロセスと業務計画プロセスを統合することで、ビジネスの予測可能性を高め、計画の正確性を高めます。
  • Oracle Crystal Ballは、リスクに影響を与える重要な要因を見通す、比類のない洞察力をもたらす予測モデリングおよび予測作成機能を備えています。Crystal Ballを使用すれば、きわめて不透明な市場状況のもとでも、目標の達成と競争力の獲得に向けて的確な戦略的決定を下すことができます。
  • 環境面のリスクおよびコンプライアンス管理は、ますます幅広い業界で注目を集めており、その注目の度合いも高まりつつあります。オラクルのガバナンス、リスク、コンプライアンス・ソリューションを使用すれば、持続可能性関連の取組みにまつわるプロセスを形にして、環境パフォーマンス向上のための目標を設定したうえで、目標に対する進捗状況を評価するという方法で、環境面のコンプライアンスを強化することが可能です。

Oracle Solutions for Powering the Green Enterprise