Oracle Payroll

給与管理は、予定に応じて柔軟かつ正確な財務管理が要求される基本的なビジネス要件です。 Oracle Payrollはルールベースの給与管理システムで、従業員全員が報酬規則に基づいて予定通りに給与を支給されるよう、給与管理を支援します。 Oracle Financialsと完全に統合されたOracle Payrollは、グローバルなHR業務をより適切に管理するために、各国固有のローカライゼーション拡張がおこなわれたグローバルHRMSエンジンに基づいています。

HRプロセスの統合および合理化
Oracle PayrollはOracle Human Resources Managementアプリケーション・ファミリーの一部で、Human Resources(中核)、Advanced BenefitsSelf-Service HRIncentive CompensationおよびOracle Financialsを含む他の人材管理アプリケーションとシームレスに連携します。

特長

柔軟な資格規定

  • ユーザー定義の基準をリンクする包括的な資格規定を定義
  • 従業員の報酬や福利厚生を自動的に割り当ておよび変更するための標準ルールを定義
  • ほぼリアルタイムで給与データおよび履歴を提供することにより、従業員の問合せを低減

処理ルール管理の簡略化

  • シンプルで構成可能な計算式を使用
  • FastFormulaを使用して、独自の処理ルールや計算を制御
  • 複雑なケースでは条件論理を使用
  • 管理プロセスを合理化
  • 設定コストの削減、処理時間の短縮およびエラーの低減が可能

グローバルな給与アクティビティの管理

  • 1つのアプリケーションでグローバルな給与を管理
  • 法律に関連する機能や国の報告要件を達成するために地域的な拡張を追加することで、Oracle Payrollの中心的な給与エンジンを実装
  • 従業員の給与や報酬データを組織全体で管理
  • 1つのグローバルな給与エンジンで、個人的な報酬ポリシーやプログラムを構成および管理

処理の効率化

  • 給与プロセスをエンドツーエンドで監視
  • 現在の計算を保持したままエラーを調整
  • 複数のグループの従業員を同時に処理
  • オンラインのペーパーレスの給与明細で管理コストを削減

パフォーマンスおよびセキュリティの監視

  • 標準および個人のレポートを使用して、給与データを表示、分析
  • 一意のアクセスに対するセキュリティを構成
  • 変更の監査ログを維持