Internal Controls Manager

Oracle Internal Controls Managerは、内部統制の文書化、テスト、証明をおこない、国際財務報告基準、米国行政管理予算局通達A-123、SOX法、および世界各国の関連報告要件への継続的なコンプライアンスを監視する、包括的な財務コンプライアンス管理ツールです。 リスク、コントロール、ビジネス・プロセスの定義、結果、改善策、問題点を含む監査プロセスの管理、データ・アクセスおよび管理における職務分掌の徹底、さらにはビジネス・プロセスと財務諸表の迅速かつ確実な承認が可能になります。 その結果、テストの効率性の向上、リスク評価の信頼性の向上、外部監査コストの削減などのメリットが得られます。

財務プロセスの統合と簡素化
Oracle Internal Controls ManagerはOracle Financialsアプリケーション・ファミリーの一部であり、Oracle General Ledger、Financial Analytics、Financial Consolidation Hub、Daily Business Intelligenceとシームレスに連携します。

特長

ビジネス・プロセスの定義と管理

  • 使い慣れたスプレッドシート・インタフェースを使用して、既存のビジネス・プロセスの入力や新規ビジネス・プロセスの追加をおこないます。
  • 完全で正確なコンプライアンス・プロセス・ワークフローを作成します。
  • COSO、COBIT、ISOなどの標準から新しいビジネス・プロセスを文書化するか、事前定義済みのプロセスを入力します。
  • ワークフロー・マップを通じてコントロールの一貫した適用を徹底します。

リスクとコントロールの定義および管理

  • リスクとコントロールをリスク・ライブラリに定義します。
  • リスクを複数のプロセスに関連付けます。
  • 財務諸表におけるリスクの可能性と影響を定義します。
  • コントロールを複数のリスクに関連付けます。
  • アプリケーションの変更が内部統制に与える影響を監視します。

監査業務の管理

  • 監査プロジェクトとリソース割当てを管理します。
  • 職務分掌の管理と改善を可能にします。
  • リスク・アセスメント調査を作成します。
  • 監査人がリスク・アセスメント調査に基づいた評価を記録できます。

承認の迅速化

  • 追加、変更、削除されたプロセス、リスクおよびコントロールのリストを配信します。
  • 内部監査評価とプロセス所有者の承認結果を表示します。
  • 結果と問題をデータ入力レベルまでドリルダウンします。
  • 正確な財務諸表のテストと保証を強化します。
  • 事前作成済みの監査対応レポートを安全なXML形式またはPDF形式で配信します。