Oracle Internet Expenses

Oracle Internet Expensesは、旅費管理を合理化および自動化する出張・経費管理ソリューションです。 Oracle Internet Expensesを使用すれば、収益に直接影響を与え、短期間で多大な投資対効果を得ることができます。

Oracle E-Business Suite全体との連携による価値の拡大
Oracle Internet Expensesは、他のOracle E-Business Suite製品とシームレスに連携して、最小限のコストでよりよい意思決定、持続可能な財務規律の確立、法規制のコンプライアンス、ビジネス・プロセスの最適化を促進します。

特長

  • 経費処理の合理化とコストの削減
    経費報告書の提出、承認、処理、支払に要する時間と労力を大幅に削減します。 承認は、Oracle WorkflowとApprovals Managementを使用して自動的に処理されます。
  • 柔軟な監査ツールによる経費管理
    包括的な設定および管理ユーティリティを使用して費用ポリシーを作成、適用します。 役割と場所に応じたポリシー・スケジュールを生成し、リアルタイムにポリシーを適用します。 費用分析レポートとポリシー違反レポートにより、最高経営陣は従業員の費用を複数の次元で把握できます。
  • グローバルな運用
    Oracle Internet Expensesは、複数の通貨、言語、キャラクタ・セットによる経費と払戻しをサポートします。 また、付加価値税(VAT)や日割、マイル数運賃の計算など、さまざまな法的要件にも準拠できます。 Oracle Internet Expensesは、企業の共有サービス・センターでも使用可能です。
  • 従業員の生産性の向上
    従業員の生産性と満足度が向上する要因には、データ入力の高速化、経費テンプレートの使用、レポート設定の保存機能があります。 従業員は、標準的なWebブラウザ・インタフェース、オフライン・オプション、Web対応の無線モバイル機器(携帯電話、ページャ、PDA)のインタフェースなど、複数のチャネルを通じてOracle Internet Expensesにアクセスできます。