Oracle iReceivables

Oracle iReceivablesは、請求と回収のコストを削減し、顧客サービス全般を向上させます。 また、顧客に、自身のアカウントの管理と請求書の支払い、印刷、異議申立てがオンラインでおこなえるセルフサービス機能を提供します。

Oracle E-Business Suite全体との連携による価値の拡大
Oracle iReceivablesは、他のOracle E-Business Suite製品とシームレスに連携するため、最小限のコストでよりよい意思決定、持続可能な財務規律の確立、法規制のコンプライアンス、ビジネス・プロセスの最適化を促進します。

特長

  • セルフサービス方式のアカウント管理の実現
    顧客が自身のアカウントにセルフサービス方式でアクセスして、残高と取引の情報をリアルタイムに入手できます。 その結果、与信部門や回収部門は空いた時間をより付加価値の高い分析および戦略的タスクに費やせるようになります。
  • 企業の効率性と顧客満足度の向上
    顧客が複数の請求書の支払や異議申立てをオンラインでおこなえます。 支払処理と異議申立て管理は自動化されているため、売掛金と回収のサイクル・タイムの短縮、キャッシュ・フローの向上、売掛金回収期間の短縮が実現します。
  • 支払の管理とデータ・セキュリティの確保
    顧客が希望の時期に希望の方法で取引を開始し、監視することが可能です。 Oracle iReceivablesは、データ表示や検索機能、異議申立ておよび支払処理の管理をカスタマイズするために必要なセキュリティ・ツールおよびコントロールを提供します。
  • 業界固有のニーズに合わせたカスタマイズ
    Oracle iReceivablesは、お客様の業界に関連した売掛管理プロセスに合わせてカスタマイズできます。