JD Edwards EnterpriseOne Order Promising

Oracle JD Edwards EnterpriseOne Order Promisingは、グローバルレベルで需要と供給をリアルタイムかつ正確に把握することで、信頼性の高い配送スケジュールを顧客に提示します。 資材調達や製造、サプライヤー、輸送能力などを考慮し、マルチレベルの納期回答(ATP、CTP、PTP)機能を提供します。 PTPは、潜在的な多くのフルフィルメント・オプションと関連コストを、潜在的なオーダー収益にトレードオフすることによって実現されます。

特長

  • 顧客サービス向上: 製造能力、資材入手可能性、輸送リードタイム、出荷および受領日程などを考慮した正確にオーダー確定をおこない、顧客サービスの向上を支援します。
  • コスト削減: 初期回答を正確におこなうことによって、その後の製造時間の超過、注文書の督促、運賃の割増などを回避します。 効率改善は顧客サービス、サプライチェーン、ロジスティクス・スタッフにも反映されます。
  • 収益向上: 競争の激しい業種においてオーダー獲得率を向上します。コモディティー化した製品の納期回答を迅速におこなえることは、潜在顧客のオーダー確定にとって不可欠です。 獲得率の高さは、収益の向上に直結します。
  • リードタイム短縮: 標準的なリードタイムではなく現在のビジネス状況に基づいた確約によって、顧客に対する見積りのリードタイムを短縮します。 標準的なリードタイムは主観的かつ静的であり、履歴的な平均業績は反映しても、実ビジネス状況が反映されることはほとんどありません。
  • 主なJD Edwards SCMおよびOMアプリケーションとの統合: 最新データに基づく正確な回答は、JD Edwards EnterpriseOne Manufacturing、Configurator、Order Managementとのシームレスな連携によって実現します。