Lease Management

Oracle Lease Managementは、販売および契約開始から再販売、資産処分までをエンド・ツー・エンドで自動化し、成長の基礎を築きます。 資産担保型の金融会社向けに設計されたOracle Lease Managementは、Oracle E-Business Suiteの利便性を活用して、業務の卓越性と規律の強化、新たな市場の獲得、そしてビジネス関係の最適化を支援する、包括的なアプリケーションです。

財務プロセスの統合と簡素化
Oracle Lease ManagementはOracle Financialsアプリケーション・ファミリーの一部であり、General LedgerFinancial Intelligenceをはじめとする他のFinancialsアプリケーションとシームレスに連携します。

特長

  • 卓越した業務を通じて成長の基盤を確立
    競争の激化が進む業界で、長期的な生き残りと成長を果たすための鍵の1つは、業務の卓越性です。 Oracle Lease Managementは、処理コストの削減、ミスの低減、IT統合コストの最小化を実現する、単一の統合グローバル・エンタープライズ・ソリューションを提供します。 顧客、資産、契約情報のすべてを把握することで、意思決定が強化され、より多くの情報に基づいたアップセルおよび契約解除取引が可能になります。 柔軟で構成可能なエンド・ツー・エンドのビジネス・プロセスが、標準化され統制の取れたプロセスに向けてのリエンジニアリングをサポートします。
  • 新たな市場の獲得
    設備の貸主には、新製品の提供や新規市場への進出を柔軟におこなえる適応力が必要です。 Oracle Lease Managementは、構成可能な金融商品を取り揃え、ポートフォリオの拡充に必要なツールを営業スタッフに提供します。 新たなグローバル市場への進出にともない、各国が求める基準に従って取引の会計報告をおこなう必要が生じます。 Oracle Lease Managementは、事業を営む国に関係なく、貸主を完全にサポートするよう設計されたグローバル・エンタープライズ・ソリューションです。
  • ビジネス関係の最適化
    設備の貸主は、顧客との強力な関係を維持するために、金融ソリューションだけでなくサービスも提供します。 サービスを提供するには、ベンダーや投資家との緊密な関係も必要になります。 顧客とベンダーを対象としたセルフサービス機能により、業務コストの削減とビジネス関係の強化が実現します。 ベンダー・プログラムや業務委託契約、投資家契約などのビジネス協定をオンラインで管理することで、今日の多面的関係の複雑さに対処できます。