Oracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaul

Oracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaul(Oracle cMRO)は、輸送および防衛事業向けの航空機メンテナンス・アプリケーションであると同時に、航空宇宙および防衛産業のメーカーを対象としたMROサービス・アプリケーションです。 Oracle cMROのユニークなサービス・モデル設計は、航空機のメンテナンスに携わるすべての関係者の間で、正確かつレスポンスに優れたコラボレーションを実現します。 また、本製品を使用すれば、サービス・サプライチェーンにおける計画、スケジュール、航空機構成管理の機能を、単一のリアルタイムな情報システムに統合することができます。

航空機のサービスとメンテナンスの完全な可視化、コンプライアンス、管理
Oracle cMROは、ビジネス・プロセスの自動化と信頼性の高い情報の配信を1カ所でおこなう統合アプリケーション・セット、Oracle E-Business Suiteの一部です。 Oracle cMROは、Oracle E-Business Suiteの22のアプリケーションと連携し、航空輸送メンテナンスおよびA&D MROサービスの包括的なソリューションを提供します。

特長

航空輸送および防衛事業のメンテナンス

  • 航空輸送のメンテナンス業務の推進力となるのは、航空機の稼動率とコンプライアンスです。 これらの相反する目標のバランスを取るために、これまで幅広いレガシー・アプリケーションとポイント・ソリューションが求められてきました。しかし、従来の環境では、正確さやセキュリティ、情報の完全性という点において不十分な点がありました。 レガシー・システムのサポートには多額のコストがかかり、リスクを犯さずに無駄を省く必要があることから、航空会社は新たな方法によるメンテナンスの検討を余儀なくされています。 Oracle cMROを使用すれば、コスト効率よく設備の稼動率を最大限に高め、コンプライアンス・コストを最小限に抑えることができます。

航空宇宙および防衛産業の(A&D)メーカーを対象としたMROサービス

  • 世界的な競争の激化とパフォーマンスベースの政府調達計画に対応すべく、A&Dメーカーはメンテナンス、修理、オーバーホール・サービスの提供能力とスペア・パーツの供給能力をより一層強化する必要に迫られています。 A&Dメーカーが成功を収めるためには、サービス業務用の膨大な製品情報を、サービス・アプリケーションでより簡単に利用できるよう拡張する方法を見出さなければなりません。 そのためにはまず、多国籍の運用環境における複数の資材管理およびサービス実行システムを緊密に統合する必要があります。 Oracle cMROを使用すれば、A&DメーカーはMROサービスとアフターマーケットのスペア・パーツを収益性の高い新たな収入源とすることができます。