JD Edwards EnterpriseOne Branch Scripting

オラクルのJD Edwards EnterpriseOne Branch Scriptingは、問題の診断ステップを示しながら追加製品の販売をサポートするインテリジェントなスクリプトを提供し、顧客サービス担当者の効率の向上を支援します。 JD Edwards Branch Scriptingでは、直線型および分岐型の両方のスクリプトを容易に作成できるため、顧客情報の収集方法を合理化・標準化し、データの精度と一貫性を高めることが可能になります。

JD Edwards Branch Scriptingは、オラクルのJD Edwards EnterpriseOne Customer Relationship Managementアプリケーション・ファミリーの一部です。

機能と特長

  • 直線型および分岐型の両方のスクリプトを作成できるので、条件付きロジックを使用し顧客の反応に応じて質問の順番を決定したり、順番が固定された一連の質問を顧客サービス担当者に教示することが可能です。
  • スクリプト作成ツールによって、顧客への質問、顧客からの質問に対する回答、質問と回答の重要性とスコアを定義できます。
  • 画面上にスクリプトがプロンプト表示され、データを自動的に取得します。
  • 多言語のサポートにより、スクリプトを複数の言語に翻訳し、世界中の顧客をサポートできます。
  • JD Edwards EnterpriseOne Solution Advisorナレッジ・データベースとともに使用すれば、顧客サービス担当者は既知の問題および関連する対応策を調べたのち、スクリプトを実行して解決策を見つけることができます。