PeopleSoft Performance Management Warehouse

企業が長期にわたり生き残るためには、統制のとれた成長を促進することが重要です。 目標を設定し、それに到達するためのイニシアティブを作成するプロセスは容易に思えるかもしれませんが、多くの企業がそれを実行するにあたってさまざまな課題を抱えています。 正しい道を進んでいるかどうかを知ることは難しいだけでなく、状況は刻々と変化します。 最も利益を得られる市場や顧客、製品を知る方法はあるのでしょうか。 サプライチェーンは、変化する顧客のニーズに対応しているでしょうか。 また、重要なプロジェクトをやり遂げるために必要な能力がもっていますか。離職率が高く、人材が不足していませんか。

オラクルのPeopleSoft Performance Management Warehouseは、ビジネス・パフォーマンスを後押しする強力な基盤を提供します。 複数の対象分野、業界、地域にわたって統合されたデータで、顧客やサプライヤ、従業員および業務のパフォーマンスをあらゆる角度から評価できます。 洗練されたレポート、スコアカードおよび多次元の分析ツールを使用して、ビジネス・プロセスを改善しながらビジネス・チャンスを特定し、それに従って行動できます。 軌道修正が必要な場合には、PeopleSoft Performance Management Warehouseを使用して、企業戦略に再度合せるために業務を調整することもできます。

PEOPLESOFT PERFORMANCE MANAGEMENT WAREHOUSE ソリューションと関連製品

特長

  • 単一の分析フレームワーク
    PeopleSoft Performance Management Warehouseは、PeopleSoft EPM Foundationをベースに構築されています。これは、単独でウェアハウスを管理、サポートするプラットフォームおよびツールセットをIT部門に提供する、単一の分析フレームワークです。 PeopleSoft EPM Foundationは、比類のない柔軟性やオープン性、モジュール性を実現する、次の共通のユーティリティで構成されています。
  • 抽出、変換およびロード(ETL)ツール
    クラス最高のETLツールは、PeopleSoft、サード・パーティ、レガシー・ソース・システムを含むエンタープライズ全体のビジネス・アプリケーションからデータを取得し、分析するために中央リポジトリに格納します。
  • メタデータ管理
    強力なメタデータ管理ツールにより、サード・パーティ・アプリケーションやビジネス・インテリジェンス・ツールだけでなくPeopleSoftアプリケーションの複数層のメタデータが処理され、きわめて包括的なエンタープライズ・ビューが提供されます。
  • グローバル化
    多通貨および多言語のサポートで、あらゆる規模のグローバルな企業の柔軟性とスケーラビリティを実現します。 為替レートの定義を共有することにより、すべてのEPM分析アプリケーションおよび非定型分析で一貫した通貨換算をおこなえます。
  • セキュリティ
    ITチームは、組み込みのセキュリティ機能によって役割に応じたデータおよびビューへのアクセスを容易に管理でき、認証済みのユーザーのみが重要な意思決定に必要な情報を参照できます。 高度な構成が可能なアプリケーションと、ロール、ページ、コンポーネント、行レベルを含むデータレベル・セキュリティにより柔軟性が実現され、要求の厳しい顧客の管理も可能です。
  • 豊富な分析コンテンツ
    PeopleSoft Performance Management Warehouseは、4つの機能的なウェアハウスで構成されています。これらのウェアハウスには、最も重要なビジネス・プロセス全体に起こりうる問題または重要な機会を簡単に判断するために必要な、事前パッケージ済のマップ、堅牢な分析データ・モデルおよび生成されたビジネス・メトリックが用意されています。 機能的なウェアハウスのそれぞれにはコンテンツ固有のデータ・マートが含まれています。これらのデータ・マートは、統合された分析プラットフォームにまとめて配布することも、独自のビジネス要件および予算要件に合わせてモジュールごとに配布することも可能です。
  • オープン・アーキテクチャ
    PeopleSoft Performance Management Warehouseのオープンかつ柔軟なアーキテクチャによって、レポートや図表、グラフの作成に主なサード・パーティのBI/OLAP技術だけでなく、PeopleSoftのレポートおよびスコアカード技術も使用できます。 またPeopleSoft Performance Management Warehouseでは顧客、製品、従業員あるいは時間などさまざまな要因に基づいて情報を分析できるため、パフォーマンスを評価して、ターゲット・ユーザーのニーズに適した情報を提供できます。