PeopleSoft Enterprise Program Management

プログラム管理のプロセスを改善
オラクルのPeopleSoft Program Managementは、プロジェクトの成功、収益性の改善、運用効率の向上に必要な可視性と管理性をプロジェクト・マネジャーに提供します。 作業計画、進捗、問題点、変更点、文書、原価計算情報、予算、実績と予測、パフォーマンス、ステータスレポートなどプロジェクト情報を1つのリポジトリに統合します。 Program Managementによって作業の計画やリソースの割当て、完了までの予測、関係者とのコミュニケーションが可能になると同時に、チームのメンバーがプロジェクト作業を確認して完了しようとする際の協力とコミュニケーションがさらに容易になります。

PeopleSoft Program Managementは、オラクルのPeopleSoft Enterprise Service Automationアプリケーション・ファミリーの一部です。

特長

詳細なプロジェクト計画と見積り

  • プロジェクト計画を作成またはプロジェクト・テンプレートを利用してアクティビティをリストアップおよび関連付けし、作業明細構造の作成、アクティビティのスケジュール設定、リソースの識別、原価の見積りをおこないます。
  • 人材に伴う原価率を標準化し、見積りのための情報を一元化することによって、プロジェクト見積りの精度を向上します。

リスク管理

  • プロジェクトに影響するリスクを特定して、その特性を文書化します。
  • 残存リスクの監視、新しいリスクの特定、リスク軽減計画の実行および、プロジェクトのライフサイクルを通じた有効性の評価をおこないます。

プロジェクト管理の標準化

  • プロジェクトの変更をリアルタイムで追跡します。そのための変更管理は完全に構成可能であるため、プロジェクト・マネジャーは追跡するプロジェクトのどの属性を追跡するかを選択できます。
  • 管理用ダッシュボード、分析、自動化したワークフローによって問題の可視性を向上します。
  • プロジェクトの状態および進捗状況の計算を自動化して、ステータスレポートから主観性を排除します。