PeopleSoft Supply Chain Analytics

製造業を基盤とする企業にパフォーマンス主導のアプローチを適用した場合、中心的な位置を占めるのは効率が高く合理的なサプライチェーンです。 このような企業は、パフォーマンス向上のための計画に主眼を置き、製品在庫の精度と適時性を高めることで、在庫と運営コストの削減および顧客サービスの向上を図ります。 サプライチェーンを明確に把握し、問題を早期に特定してサプライチェーン・プロセスをリアルタイムに修正できるようにすれば、このような業務の遂行が可能になります。

PeopleSoft Supply Chain Analyticsを使用すれば、分刻みの業務パフォーマンス管理に必要なリアルタイム情報が得られます。 最も収益性の高い製品を追跡し、製造時の問題が重大なボトルネックになる前に調査し、製品品質の問題を特定し、業務のパフォーマンスを追跡することで、継続的なコスト管理と顧客満足度の向上が実現します。

PEOPLESOFT SUPPLY CHAIN ANALYTICS ソリューションと関連製品

特長

  • 計画から製造まで: 計画から製造までのプロセスでPeopleSoft Supply Chain Analyticsを使用して、生産能力、材料、顧客需要の不均衡を明確化し、計画の他の要素に変更が与える影響を予測します。
  • 原因から解決まで: 原因から解決までのプロセスでPeopleSoft Supply Chain Analyticsを使用して、設計変更要求または指示に対する仕入先の適応と対処の状況、仕入先ごとの製品品質、製品品質が最終納入製品またはサービスに悪影響を与えるかどうかを把握します。
  • 受注から入金まで: 受注から入金までのプロセスでPeopleSoft Supply Chain Analyticsを使用して、どの製品販促活動をどのチャネルで実施するのが最も効果的かといったことから、最もレスポンスのよい倉庫と運送業者まで、あらゆる要因を明確化します。 どの顧客がタイムリーに支払いをおこなっているか、集金や支払いに関するトラブルが効率的かつ効果的に処理されているか、製品品質の問題が支払に関するトラブルの増加の根本原因となる領域はどこかなどを判断する際にも、Analyticsが役立ちます。