AutoVue Enterprise Visualization

Oracle AutoVue Enterprise VisualizationはマルチユーザーのWebベースのコラボレーション・ツールで、3D CADファイルを表示し、共同で作業したり、注釈を付ける際に役立ちます。 特許を取得したストリーミング技術により、限られたバンド幅での接続で大規模なCADモデルを視覚化できます。 ビジネス面でのメリットとしては、製品開発コストの削減とサイクルタイムの短縮、サイクル終盤での設計変更の減少、コンポーネントの再利用率の向上などが可能となります。

製品のライフサイクル管理の統合および合理化
Oracle AutoVue Enterprise VisualizationはOracle Product Lifecycle Managementの一部で、Project ManagementProduct Lifecycle Managementなどを含む、その他のProduct Lifecycle Managementアプリケーションとシームレスに連携します。

特長

確認サイクルの短縮

  • あらゆるWebブラウザに大規模なCADモデルを配信できます。 特許を取得したインテリジェント・ストリーミング・アーキテクチャ経由で、ダイアルアップのユーザーにも大容量ファイルを配信できます。

フィードバックの取得

  • 共有デスクトップ経由で複数のレビューアが一同に会することができます。 レビューアはリアルタイムでマークアップを共有できます。 マークアップの監査証跡が自動的に作成されます。

セキュリティへの配慮

  • 認可されたWebセッション以外では機密情報をダウンロードできないストリーミング・アーキテクチャにより、知的資本を保護します。